Image of Wonderful Wonder World *

Yun*chi - Wonderful Wonder World *

Yun*chiの新曲「Wonderful Wonder World*」のビデオクリップが彼女のYouTube公式チャンネルで公開された。

「Wonderful Wonder World*」は10月22日にリリースされる彼女のニューシングルで、Eテレのアニメ「ログ・ホライズン」の第2シリーズエンディングテーマ。ビデオクリップはYun*chiが夜の東京・秋葉原をさまよう様子をストップモーションで撮影したもので、彼女が浮遊しながら移動しているように見えるシーンがあったりと不思議な映像になっている。なお、このPVの監督は関和亮が手がけている。

1. Wonderful Wonder World*
2. Fairy*
3. Dancing*
4. Wonderful Wonder World* (instrumental)
5. Fairy*(instrumental)
6. Dancing*(instrumental)

Image of オリジナルサウンドトラック2

TVアニメ「魔法科高校の劣等生」 - オリジナルサウンドトラック2

Mahouka Koukou no Rettousei (TV Anime) Original Soundtrack 2

好評放送中の『魔法科高校の劣等生』サントラ第二弾が発売!!

収録曲
01. Flying
02. Girl’s talk
03. 眼鏡の恋
04. コミカル5
05. attack
06. Bus panic
07. battle4
08. battle6
09. battle5
10. Soul Fever
11. ほんわか1-3
12. Animoe2
13. Blanche
14. pinch
15. Lost
16. battle8
17. science
18. Tatsuya2
19. Final battle
20. Metaphore2
21. Vespertine Bloom
Vocal : Jennifer Skidmore

Image of 花物語 EDテーマ「花痕 -shirushi-」& 劇伴音楽集 其ノ貳&あとがたり

河野マリナ - 花物語 EDテーマ「花痕 -shirushi-」& 劇伴音楽集 其ノ貳&あとがたり

Marina Kawano – Hanamonogatari ED Theme -shirushi-

音楽 : 羽岡佳

収録曲
01. 花痕 -shirushi- (EDテーマ) – 歌 : 河野マリナ
02. 花痕 -shirushi- -Instrumental-
03. バスケットボール
04. 邪魔っけなあとがき
05. 悪魔の理不尽
06. 不幸の蒐集
07. ナンバーゼロイチ
08. 沼地の人生
09. タイミングのいい奴
10. 納得
11. 想定外
12. 卒業
13. 「私はあいつが一羨ましかったんだ」
14. あとがたり

Image of Sweet Georgia Brown

一泉ナオ子 - Sweet Georgia Brown

Naoko Ichiizumi – Sweet Georgia Brown

洗練された都会的センスと抜群の歌唱力で聴き手を魅了するジャズヴォーカリスト・一泉ナオ子のニューヨーク録音アルバム。今作は、現在ニューヨークの第一線で活躍するミュージシャンを起用することにより、ジャズボーカリストとしての独自の世界観をより一層確立させることに成功。ピアノトリオ+多彩なゲストと絶妙なコラボレーションが素晴らしい1枚。

1. Sweet Georgia Brown
2. Is You Is or Is You Ain’t My Baby
3. The Island
4. The End of a Love Affair
5. Never Let Me Go
6. He’s a Carioca
7. Love for Sale
8. You Must Believe in Spring
9. The Best Is yet to Come
10. Bonita
11. Frim Fram Sauce
12. I’m Just a Lucky so and So
13. When October Goes

Image of EPEP EP

BELLRING少女ハート - EPEP EP

BELLRING Shoujo Heart – EPEP EP

ベルハー最強のキラーチューン「the Edge of Goodbye」ぶりにタニヤマ氏が手がける、破壊力抜群の新曲「rainy dance」! ディレクターの田中がタニヤマ曲に対抗すべく、初めて編曲に挑みエンジニアを精神的に追いつめた名曲「男の子、女の子」を収録!

1. rainy dance
2. 男の子、女の子

Image of Entrance EP

Escalator or Elevator - Entrance EP

BELLRING少女ハートの朝倉みずほと、ゆるめるモ!のちーぼうによる新ユニット・Escalator or Elevatorが10月29日にデビューシングル「Entrance EP」をリリースする。

Escalator or Elevator、通称「エスエレ」は今年8月に初ライブを行い、話題を集めた新ユニット。彼女たちにとって初音源となる今作には「The People’s Choice」「恋と車とデモクラシー」の2曲とそれぞれのインストゥルメンタルが収録される。“楽曲派アイドル”の2組だけに、どのような楽曲に仕上がっているのか期待が高まるところだ。

なおエスエレは10月21日に発売されるサブカルチャー雑誌「TRASH-UP!! vol.20」の表紙を飾る。また10月30日には東京・WWWにて開催されるイベント「TRASH-UP!!まつり ~ハロウィンの夜~」に出演。BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!らと競演する。

1. The People’s Choice
2. 恋と車とデモクラシー

Image of 風になって

grram - 風になって

grram – Kaze ninatte

昨年よりライブでは披露している未発表曲「風になって」が、1年半越しに満を持して10月22日(水)に配信リリースが決定!!久川実津紀のソロプロジェクト初となる今作は、作曲、編曲に岡本仁志(ex.GARNET CROW) を迎えています。

プロフィール
久川実津紀(Vo, Lyrics)を中心に2011年にgrramを結成、丸山太佑(Gt)、 猪上涼太(Ba)、西山圭(Dr)の4人編成で2012年3月に1stミニアルバム「心の指すほうへ」でデビュー。彼女のひたむきさと儚さを併せ持つ歌声と、心の襞(ひだ)を時に赤裸々に時に真摯に綴る歌詞で注目された。2枚のアルバムをリリース後、京都MUSEでのワンマンライヴを最後にバンドとしての活動を終了し、2013年4月からは久川実津紀のソロプロジェクトとしてリスタート。

Image of 傘から見た景色

赤色のグリッター - 傘から見た景色

Akairo No Gritter – Kasa Kara Mita Keshiki

千葉・柏出身の18歳の男女メンバーからなる4人組バンド、赤色のグリッターがミニアルバム「傘から見た景色」を6月18日にリリースする。

赤色のグリッターは昨年「COUNTDOWN JAPAN 13/14」の出演者オーディション「RO69JACK 13/14」で優勝して同フェスに出演し、今年1月にはスペースシャワーネットワーク主催の新人発掘オーディション「Day Dream Believer」にてグランプリを獲得。3月には東京・赤坂BLITZで開催された「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2014」のツアーファイナルにオープニングアクトとして登場し、観客から大きな反響を集めた。

彼らにとって初の流通盤となる「傘から見た景色」はメンバーが高校生時代に作った作品を中心に収録。ハイトーンな歌声で、ありのままの感情を表現した5曲が収められる。

なおスペースシャワーミュージックのYouTube公式チャンネルでは「スペースシャワー列伝JPAN TOUR 2014」の東京・赤坂BLITZ公演に出演した際の「あの人」のライブ映像を公開中。この曲はミニアルバム「傘から見た景色」には未収録の新曲で、嫌いな相手へのフラストレーションが歌われている。

赤色のグリッターは「傘から見た景色」のレコ発イベントとして、7月5日に東京・下北沢Daisy Barにて都内では初となる企画ライブ「世界は赤色」を開催。そのほかの出演アーティストについては後日発表される。

1. 願い事
2. ハナミズキ
3. ルカ
4. あのね、きいて?
5. 昨日ノコト

Image of 死んだように生きるのはもうやめた

松本佳奈 - 死んだように生きるのはもうやめた

Kana Matsumoto – Shinda You Ni Ikiru No Ha Mou Yameta

千葉県木更津市出身の女性シンガー・ソングライターによる4枚目のアルバム。歌声とピアノが一体となって描くのは、自身の経験に基づくさまざまな物語。現実と向き合う日々の投影が、彼女にとっての音楽の第一義なのだろう。悲しみ、希望、理想。共感を覚える場面は予想以上に多い。

1. パラダイムシフト
2. あの陽だまりはまぶたの裏
3. 種を蒔く、何もない場所に
4. 手放したらもう、見知らぬ誰かのもの
5. やっぱり猫系男子が好き
6. 凛として、明日も強くいてやるんだ(featuring NakamuraEmi)
7. たまには振り返って、また前を向いて(Instrumental)
8. マザコン
9. あしあと

Image of 何処か長閑な

KUDANZ - 何処か長閑な

KUDANZ – Dokoka Nodoka na

東北を代表するシンガー・ソング・ライター KUDANZが、 ロック、フォーク、カントリー、オーケストラル・ポップで日本の四季を表現。自らの家族・仲間に捧げた、孤独な温かさと穏やかさが詰まったクラシックなミニアルバム。

東北の仲間と創った待望の衝撃作。2012年の「僕とターヘルアナトミア」以来約2年ぶりとなる KUDANZの新作「何処か長閑な」は、日本の四季を背景に、KUDANZ 佐々木玄が信頼し、愛する仲間への感謝の気持ちを綴った原点回帰となる作品だ。 春の訪れをアコースティックギターと打楽器の力強さをストリングスの純粋さに合わせて表現をした「蕾」。

夏に愛するパートナーをサーカスティックに温かく迎える様を、 90年代初めのサイケデリック・ポップ調で表現した「お盆」。「風の輪郭」では、 シンバル達の優しく悲しげな音色が、過ぎ去って行く短い夏を惜しみ、秋の訪れを告げる。アンビエント感のある意匠の中で、佐々木玄の透き通った声が心身の傷を静かに撫でるように して孤独な季節を後にする「back again」は、今作の代表曲となる。「太陽」では、 現代音楽と民族音楽を融合したメロディーに乗せて、雪に閉ざされた長い冬を強くたくましく生きる神聖な東北の人々を表現。世の中の孤独の片隅で生きる男がかき鳴らした唄の数々。

全ての曲が、それぞれ違う音の景色を見せながら、孤独な温かさと穏やかさを持った新しい季節の訪れを告げるアルバムだ。

1. 砂上のワルツ~overture~
2. 蕾
3. 砂粒の記憶
4. お盆~hommage to Y.Y.T~
5. 風の輪郭
6. back again
7. 太陽
8. 砂上のワルツ~curtain call~

Image of 港湾都市

Four o'clocks - 港湾都市

FOUR O’CLOCKS – Wangan Toshi

シティポップス再評価全盛の今こそ聴くべきスタンダードミュージックを展開した注目のデビュー作が登場! 山下達郎、TIN PAN ALLEY、そして大瀧詠一。彼らが70、80年代に生んだ音楽は今も鼓動を続けている。都内を中心に活動するFour o’clocks によるデビューミニアルバムは、そういった懐かしい雰囲気を漂わせながらも、新しい鼓動を感じさせる作品となっている。山に生まれ、都市と生きている彼らの世界観は、どこか楽観的で、虚無的で、それでいて力強い。アルバム全体を通せば、シティポップスという言葉があてはまるが、一つ一つの曲にメンバー3人の音楽的要素が入っている。ボサノバ調の小気味良いリズムに潸々とした歌詞で構成され、恋人の死を詠い、異世界に入ってしまうような感覚を覚えるM-4「朝の恋人」をはじめ、その他の楽曲もニューウェーブの良さを取り入れながら、現代に生きる者としてシンプルに、誠実に仕上がっており聴手を飽きさせない良質盤!

1. introduction
2. 港湾都市
3. 幸せな予感
4. 朝の恋人
5. 青島にて
6. Morning moon

Image of turtle

シュリスペイロフ - turtle

Syurispeiloff – turtle

シュリスペイロフがミニアルバム「turtle」を本日4月16日にリリースした。

シュリスペイロフは今年、十一recordsから山中さわお(the pillows)が主宰するDELICIOUS LABELへ移籍。「turtle」は山中のプロデュースによる、バンドにとって約2年8カ月ぶりの新作となる。5月から6月は全国各地でインストアイベントを行い、ミニライブと特典お渡し会を実施する。

その後、タイトルの「turtle」=亀にちなんで「良い亀、悪い亀、普通の亀ツアー」と題したレコ発ツアーも開催。一部の公演にはLOVE LOVE LOVEやカミナリグモが対バンゲストとして参加する。

1. 下着と日々
2. 朝ごはん
3. 小説
4. 檸檬
5. どうでもいい

Image of Ansiktet

渡邊琢磨(a.k.a.COMBOPIANO) - Ansiktet

Takuma Watanabe – Ansiktet

COMBOPIANOやsighboatなどさまざななプロジェクトで活躍する渡邊琢磨が、本人名義としては6年ぶりとなるニューアルバム「Ansiktet」を1月16日にリリースする。

この作品はニューヨークの戯曲家テディ・ジェファーソンと渡邊が構想した幻想的奇譚がコンセプト。楽器奏者を1人ずつ自宅スタジオに招き、スコアの音譜を断片的に録音していくという方法で、彼は「仮想のオーケストラ」による管弦楽組曲を作り出した。

今作には、内田也哉子の娘で女優としても活躍する内田伽羅、ボニー“プリンス”ビリーやJoan Of Arcらとのコラボで知られるエメット・ケリー(The Cairo Gang)、アンディ・ウォーホルやジム・ジャームッシュの映画作品にも出演している俳優&詩人のテイラー・ミードなど存在感のある面々が参加。クラシック、現代音楽、ジャズを渡邊が独自の美学で折衷した楽曲を豪華に彩っている。

1. A Room Of One’s Own
2. Fire Bird
3. Blank Map
4. Cold Society
5. Treasure
6. Recycled Records
7. Piazza Piece
8. Witching Hour
9. This World Is Not Conclusion

Image of Dance in the clover 3

ill hiss clover - Dance in the clover 3

ill hiss cloverのミニアルバム「Dance in the clover 3」が昨日1月15日にリリースされた。

ill hiss cloverは2009年に結成し、都内を中心に活動する3人組のロックバンド。アップリフティングなダンスビートとクリアなギターロックサウンドの組み合わせが人気を集め、2011年にタワーレコード主催のオーディション企画「Knockin’on Tower’s Door vol.1」でファイナリストに選出された。

「Dance in the clover 3」は2012年4月からリリースされている3部作ミニアルバムの最終章にあたるもの。「よりダンサブルに、よりエレクトロに」をテーマに作られた今作には、多彩なビートによって躍動感を増したメロディックな楽曲が多数収録されている。なお3月20日には本作のリリースを記念したワンマンライブが東京・下北沢ReGで開催される。彼らのサウンドを生でもぜひ体感してみよう。

またこのアルバムの特定店舗の先着購入特典として、リード曲「HANABI」のメンバーによるリミックスを収録したCDが付いてくる。特典CDの内容は対象店舗ごとに異なり、タワーレコードでは吉田周平(G)、HMVでは鈴木伸宏(Vo, G)、ヴィレッジヴァンガードでは増雄介(B)のリミックス音源がそれぞれプレゼントされる。

1. HANABI
2. KOUNT
3. FACTORIZATION
4. PRIMARY STAR
5. STAY YOUR SUNSET
6. WORLD SCAPE
7. SOS

Image of Glamorous Show ~Japanese Legendary Rock Covers

SHOW-YA - Glamorous Show ~Japanese Legendary Rock Covers

SHOW-YAが10月22日にカバーアルバム「Glamorous Show ~Japanese Legendary Rock Cover Album~」をリリース。今作よりX JAPAN「紅」カバーのPVをYouTubeにて公開した。

このカバーアルバムはSHOW-YAのデビュー30周年記念プロジェクト第1弾。SHOW-YAはL’Arc-en-Cielの「虹」、GLAYの「HOWEVER」など男性ロックバンドのヒット曲をカバーする。公開された「紅」のPVでは、寺田恵子(Vo)が「紅だー!」とシャウトするなど、本家さながらの迫力あるパフォーマンスを観ることができる。

PV公開にあわせて、アルバムに収録される楽曲のオリジナルアーティストであるYOSHIKI(X JAPAN)をはじめ、森山達也(THE MODS)、サンプラザ中野くん(爆風スランプ)からのコメントがユニバーサルミュージックのSHOW-YAオフィシャルサイトに掲載されている。YouTubeではPVのほか、「紅」「虹」「HOWEVER」のカバーを試聴できるトレイラー映像も公開中。iTunes Store、レコチョクなどでは、本日9月17日より「紅」カバーの先行配信がスタートしている。

なおSHOW-YAは11月30日に東京・日本橋三井ホールにてカバーアルバムの発売記念ライブ「GLAMOROUS SHOW」を開催する。このほか明日9月18日(木)19:00からは寺田恵子がツイキャス生配信を行うので、ファンはこちらのチェックもお忘れなく。

1. 紅 (X JAPAN)
2. 虹 (L’Arc~en~Ciel)
3. HOWEVER (GLAY)
4. MARIONETTE (BOØWY)
5. JAM (THE YELLOW MONKEY)
6. CRAZY NIGHT (LOUDNESS)
7. 嵐の金曜日 (HOUND DOG)
8. MORE (EARTHSHAKER)
9. 激しい雨が (THE MODS)
10. Runner (爆風スランプ)
11. ROSIER (LUNA SEA)

Image of TODAY IS A NEW DAY

木村カエラ - TODAY IS A NEW DAY

Kaela Kimura – Today Is A New Day

10月22日にリリースされる木村カエラのニューシングル「TODAY IS A NEW DAY」の詳細およびジャケット写真が公開された。

シングルには疾走感あふれるロックチューンに仕上がった表題曲のほか、エッジーなギターリフが炸裂する「c’mon」、「Yellow」の牛尾憲輔によるリミックスバージョンを収録。いずれの楽曲も渡邊忍(ASPARAGUS)が作曲に携わっている。なおYouTubeでは現在、9月6日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた「TOKYO GIRLS COLLECTION 2014 AUTUMN / WINTER」で「TODAY IS A NEW DAY」が初披露された際のライブ映像を公開している。

またシングルの初回限定盤には、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」でのパフォーマンスや、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO」でのバックステージの模様などを収めたDVDが付属。「TREE CLIMBERS」「Magic Music」「Yellow」といったナンバーを歌うカエラを、さまざまな角度から楽しめる。

1. TODAY IS A NEW DAY
2. c’mon
3. Yellow -kensuke ushio REMIX-

Image of TOUR2014 或いはアナーキー<タワーレコード限定>

BUCK-TICK - TOUR2014 或いはアナーキー<タワーレコード限定>

BUCK-TICK – TOUR2014 Aruiwa Anarchy

BUCK-TICKが昨日9月26日に東京・NHKホールにて全国ツアー「TOUR2014 或いはアナーキー」の最終公演を行った。

このツアーは6月リリースの最新アルバム「或いはアナーキー」を携えて行われたもの。大規模なツアーは2012年秋以来とあって、各地でソールドアウトが相次ぎ、ファイナル公演のチケットも即完売した。この貴重なチケットを手にしたファンに迎えられたBUCK-TICKの5人は、アルバムの1曲目「DADA DISCO – G J T H B K H T D -」でライブの口火を切る。続けて「SURVIVAL DANCE」「Devil’N Angel」とアップテンポなナンバーを連投し、一気に場内を盛り上げた。5人はそれぞれのパフォーマンスに加え、ステージ後方のスクリーンに映し出される映像やステージセットなどすべてを連動させ、“シュルレアリスム”をテーマにライブを展開。妖艶なムードで観客を魅了した。

アンコールでは女性ユニット・黒色すみれが登場。BUCK-TICKは彼女たちとともに「VICTIMS OF LOVE」「DOLL」を披露する。そして櫻井敦司(Vo)の「最後の晩だけど、いつかまた会いましょう」というMCに続き「DIABOLO」をプレイした。ダブルアンコールでみたびステージに姿を現した5人は、ライブ定番曲「夢魔 -The Nightmare-」を演奏。壮大なナンバーでツアーを締めくくった。

なおこのツアーの音源を収めたライブアルバム「TOUR2014 或いはアナーキー」が10月22日にタワーレコード限定でリリースされる。YouTubeでは今作のダイジェスト映像を公開中。また彼らは11月からスタンディングツアー「TOUR 2014 metaform nights ~或いはアナーキー~」を開催する。さらにBUCK-TICKオリジナル香水「甘美な死骸 - quan vie nna sigue eye – 」が販売されることも決定した。この香水はメンバー監修のもと、フランスから香料を調達して調合されたもので、BUCK-TICKのメロディのように時間の経過とともに香りが変化する。3000個限定販売で、予約は10月1日12:00より特設サイトにて受け付ける。

DISC 1
1. DADA DISCO – G J T H B K H T D -
2. SURVIVAL DANCE
3. Devil’N Angel
4. ICONOCLASM
5. ボードレールで眠れない
6. masQue
7. PHANTOM VOLTAIRE
8. サタン
9. 世界は闇で満ちている
10. ONCE UPON A TIME
11. LIMBO
12. 宇宙サーカス
13. メランコリア
14. NOT FOUND

DISC 2
15. 無題
16. 形而上 流星
<アンコール>
17. 月蝕
18. Mona Lisa
19. タナトス
20. STEPPERS -PARADE-
21. LOVE PARADE
22. Coyote
23. NATIONAL MEDIA BOYS

Image of Behind The Scene

ストレイテナー - Behind The Scene

Straightener – Behind The Scene

ストレイテナーの10月22日に発売されるアルバム「Behind The Scene」の詳細が明らかになった。

ストレイテナーにとって3年2カ月ぶりのオリジナルフルアルバムとなる「Behind The Scene」は12曲構成。既発の「Super Magical Illusion」「冬の太陽」「The World Record」のほか、挑発的なタイトルが印象的なオープニングナンバー「Asshole New World」や、バンドの新機軸となるポップチューン「Yeti」、テナー流のAORナンバー「A Man On The Moon」など、バンドが創りたいものを創ったと言う楽曲群が収録されている。

アルバムは初回限定盤と通常盤の2形態でリリースされ、初回限定盤にはアルバムのレコーディングドキュメンタリー映像が収録されたDVDが付属する。この映像には「冬の太陽」のホリエアツシ(Vo, G, Piano)による弾き語りバージョンや、メンバーインタビューなどが収められる。

なおiTunes Storeでは本日10月1日より、アルバムのプレオーダー受付をスタート。予約した人には7月のライブ「Super Magical Illusion Show」でプレイした「SCARLET STARLET」の音源がプレゼントされる。

また彼らはアルバムリリースに伴い、ライブツアー「Behind The Scene TOUR」を開催する。2015年2月の東京・赤坂BLITZを皮切りに3月末の台湾・The WALL台北まで、20公演を行う。アルバム「Behind The Scene」の初回限定盤と通常盤の初回プレス分にはツアー全公演のチケットの先行抽選予約シリアルナンバーが封入されている。

1. Asshole New World
2. The World Record
3. 冬の太陽
4. 彩雲
5. 放物線
6. Super Magical Illusion
7. Breaking Ground
8. Yeti
9. Wonderfornia
10. A Man On The Moon
11. 翌る日のピエロ
12. 78-0

Image of YOSAKOI SONG Series 壱なる

TVアニメ「ハナヤマタ」 - YOSAKOI SONG Series 壱なる

Hana Yamata (TV Anime) YOSAKOI SONG Series Ichinaru

TVアニメ『ハナヤマタ』キャラクターよさこいソングシリーズ発売! 第1弾は関谷なる! PS Vita専用ゲーム『ハナヤマタ よさこいLive』挿入歌「Shining glow」、「ヨロコビ・シンクロニシティ なるver.」収録。

収録曲
01. Shining glow
02. ヨロコビ・シンクロニシティ (なるVer.)
03. Shining glow (Instrumental)
04. ヨロコビ・シンクロニシティ (Instrumental)

Image of lucky star

mImi - lucky star

平均年齢11歳のローティーンガールズユニット「mlmi」デビューシングル!Dorothy Little Happyを輩出したステップワンから、待望のローティーンガールズユニット「mlmi」(ミミ)がデビュー!平均年齡11歳というフレッシュさに加えて、洗練されたヴォーカル&ダンスのパフォーマンスの完成度の高さが魅力。その豊かな才能と可能性でシーンの台風の目となること必至! !

1. lucky star
2. Girls’ Revolution

Image of 絶唱!なにわで生まれた少女たち

たこやきレインボー - 絶唱!なにわで生まれた少女たち

Takoyaki Rainbow – Zesshou! Naniwa de umareta shoujotachi

本日9月17日に結成2周年を迎えたたこやきレインボーが、本日夜にメンバー全員によるUstream配信を行う。

Ustream配信は夜7:28(なにわ)スタートで、20:00頃までの配信を予定している。たこ虹家族(ファンの総称)はソーシャルストリーム欄を通じてメンバーに祝福のコメントを届けよう。

1. 絶唱! なにわで生まれた少女たち
2. 踊れ! 青春カルナバル
2. みんなのうた
2. 365Go

Image of イグニッション

山口活性学園アイドル部 - イグニッション

Yamaguchi Kassei Gakuen Idol Bu – IGNITION

山口県から全国へ! 2011年10月に結成された7人組アイドルグループ、山口活性学園アイドル部のシングル。ライブで人気の楽曲から未発表楽曲まで全4曲収録。これまで山口活性学園のほとんどの楽曲を手掛け、高い評価を得ているMETRSOCAPEはもちろん、山口県出身で多くのメジャーアイドルやアーティストを手掛ける網本ナオノブを起用した、この夏を更に暑くする灼熱の1枚。

1. イグニッション
2. カーニバル
3. Place
4. Closer

Image of 恋する夏!

X21 - 恋する夏!

X21 – Koisuru Natsu!

2012年“第13回国民的美少女コンテスト”のグランプリ、吉本実憂、小澤奈々花を中心とするアイドル・ユニット、X21のセカンド・シングル。彼女たちの年頃の淡い初恋をイメージした、獲れたて果実のようなはじけるキュートPOPな夏曲を収録。テレビ朝日『GO! オスカル!X21』のエンディング・テーマ。

1. 恋する夏!
2. キヨミ・ソング

Image of 栞

歌恋 - 栞

Karen – Shiori / Ai ga Sukoshidake

「カレン」から「歌恋」へ、心機一転再デビュー!! 歌に恋した二十歳の乙女が、まさに等身大の青春を表現できる『栞』に出会った。歌謡曲ファン必聴の1枚の完成!!

1. 栞
2. 愛が少しだけ

Image of ZIGGY プラチナムベスト Limited Rental Edition

ZIGGY - ZIGGY プラチナムベスト Limited Rental Edition

ZIGGY Platinum Best Limited Rental Edition

ZIGGYの結成30周年を記念したニコニコ生放送の特番「ZIGGY 30周年&プラチナムベスト発売記念『5時間厳選映像スペシャル!』」が9月13日(土)に配信される。

この番組はZIGGYのデビューからこれまでのPVや、1988~2007年のライブ映像を5時間にわたりオンエアするという企画で、森重樹一(Vo)からのコメントも紹介される。

なおZIGGYはベストアルバム「ZIGGY プラチナムベスト」を本日9月3日にリリース。このアルバムはZIGGY結成30周年の記念碑的作品で、森重樹一(Vo)選曲による全32曲が収められる。なお森重は11月3日の神奈川・新横浜 NEW SIDE BEACH!!を皮切りに、全国14カ所を巡る全国ツアーを開催するので、ファンはこちらもお観逃しなく。

1. I’M GETTIN’ BLUE/ZIGGY
2. GLORIA/ZIGGY
3. TOKYO CITY NIGHT/ZIGGY
4. SING MY SONG (I JUST WANT TO SING MY SONG)/ZIGGY
5. DON’T STOP BELIEVING/ZIGGY
6. BLACKOUT~失くした週末に~/SNAKE HIP SHAKES
7. ROCK AND ROLL FREEDOM!/ZIGGY
8. Rusty Voice/森重樹一
9. SO SAD/THE PRODIGAL SONS
10. 深海/The DUST’N'BONEZ

Image of NEW WORLD

lego big morl - NEW WORLD

LEGO BIG MORLが10月22日にリリースするニューアルバム「NEW WORLD」の収録内容およびジャケットアートワークが公開された。

A-Sketch移籍後初、バンドにとって約2年10カ月ぶりのアルバムとなる今作。収録曲は全12曲で、最新シングル「RAINBOW」や配信およびライブ会場限定でリリースされた「Wait?」、ライブですでに披露されている新曲「Spark in the end」などで構成される。初回限定盤にはDVDが付属し、アルバムの収録曲をもとに作られた映像作品「Unveil the 12 pieces of the “NEW WORLD” video works」や、今年1月に東京・LIQUIDROOM ebisuで行われた自主企画イベントからのライブ映像が収められる。

10月からアルバムを携えて全国ツアー「LEGO BIG MORL TOUR 2014『YOU t OUR』」を開催するLEGO BIG MORL。チケットは今週末9月13日より一般発売がスタートする。

1. Pause (intro)
2. RAINBOW
3. Hybrid
4. Wait?
5. スイッチ
6. 夢中夢の羊
7. Rise and Set
8. 絶望は希望よりも美しい
9. fin.
10. Spark in the end
11. LAIKA
12. a day in the live

Image of inトーキョーシティ

グッドモーニングアメリカ - inトーキョーシティ

Good Morning America – In Tokyo City

10月22日にリリースされるグッドモーニングアメリカの2ndフルアルバムのタイトルが「inトーキョーシティ」に決定。また収録内容も発表された。

本作にはタイトル曲や、既発曲「イチ、ニッ、サンでジャンプ」「拝啓、ツラツストラ」「アブラカタブラ」、寺岡呼人をプロデューサーに迎えて山中湖畔でレコーディングされた「夕暮れ」「スクランブル交差点」など12曲を収録。初回限定盤付属のDVDにはワンマンツアー「7つの秘宝を探す冒険2014」の大阪・なんばHatch公演の模様が収められる予定だ。なおタイトル曲の「inトーキョーシティ」は9月17日(水)22:00から放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で初オンエアされるので、ファンはお楽しみに。

また今回の発表にあわせて、新たなアーティスト写真も公開。さらに12月から始まる全国ツアーのタイトルが「inトーキョーシティツアー 2014-2015」になることもアナウンスされた。

1. inトーキョーシティ
2. アブラカタブラ
3. 何とかなるでしょう
4. STOP THE TIME
5. 拝啓、ツラツストラ
6. コールアップ
7. 夕暮れ
8. ワンダーフルワールド
9. 2014年6月25日我思ふ
10. STAY WITH ME
11. イチ、ニッ、サンでジャンプ
12. スクランブル交差点

Image of Liquid Soul and Solid Blood

Hello Sleepwalkers - Liquid Soul and Solid Blood

11月に開催されるHello Sleepwalkersの自主企画ツアー「走りだす生命体TOURS」の東京公演の対バン相手が決定。People In The Boxとのツーマンライブとなることが明らかになった。

「走りだす生命体TOURS」の東京公演は、11月16日にLIQUIDROOMにて実施。Hello Sleepwalkersが、リスペクトするPeople In The Boxを相手にどんなパフォーマンスを見せるのか楽しみにしておこう。なお11月23日に桜坂セントラルで開催されるツアーの沖縄公演は、地元バンドをオープニングアクトとして招いてのワンマンライブとなることが決定。11月27日にMusic Club JANUSで行われる大阪公演の対バン相手は追って発表される。

また10月22日にリリースされるHello Sleepwalkersの新作ミニアルバムのタイトルが「LIQUID SOUL」から「Liquid Soul and Solid Blood」に変更。あわせて収録内容やジャケットアートワークも公開された。

1. 百鬼夜行
2. Worker Ant
3. アキレスと亀
4. 朝に二人は
5. デジ・ボウイ
6. Ray of Sunlight

Image of picture

菰口雄矢 - picture

Yuya Komoguchi – PICTURE

世界中からその動向が注目されているギタリスト、菰口雄矢。 待望の1stソロアルバム「picture」発売決定!
●TRI-Offensive、TRIXなどのメンバーとして、驚異的なプレイを繰り広げ注目を集め、
近年ではJ-POPフィールドでも頭角を現す、人気・実力共に日本を代表する弱冠26歳(商品発売時)、若手No.1ギタリスト。
●世界的ギタリスト、マイケル・ランドウも以前某雑誌で対談した際に菰口の才能を認め、今作では1曲でゲスト参加。
●さらに、こちらも世界的ギタリスト、ラリー・カールトンの御曹司ベーシストのトラヴィス・カールトンが全面参加! !
●アートワークには、気鋭のクリエイターREとのコラボレーションが実現。

1. PICTURE
2. GLASSES
3. FALL INTO THE SKY
4. KENNY
5. FROM MY HEART
6. SHINE
7. LAND OF HOPE
8. SNORE
9. SHADOWS
10. FRIENDS
11. NOTHING IN RETURN

Image of ZERO/LIPS

VAMPS - ZERO/LIPS

VAMPSがニューアルバム「BLOODSUCKERS」を10月29日にリリースすることが明らかになった。

2010年7月発表の「BEAST」以来約4年3カ月ぶり、通算3枚目オリジナルアルバムとなる本作。「AHEAD」「REPLAY」「GET AWAY」「THE JOLLY ROGER」といったシングル曲のほか、映画「ドラキュラZERO」の日本版イメージソング「VAMPIRE’S LOVE」の日本語バージョンなど全13曲が収められる。

仕様はPVを収めたBlu-ray付きの初回限定盤A、さまざまなグッズをパッケージしたボックス仕様の初回限定盤B、SHM-CD仕様の通常盤の3種類。タイトルに冠された「BLOODSUCKERS」はVAMPSのメンバーがファンを呼ぶ際の愛称で、ファンへの思いが込められた1作と言えそうだ。

さらに今回もアルバム購入者を対象とした企画「VAMPS CHANCE」を実施。666名限定の「プライベートライヴコース」、メンバーがアルバムジャケットにサインを入れてくれる「サインセッションコース」、2013年のロンドン公演の模様を収めたDVDがプレゼントされる「プレミアムDVDコース」という3つのコースが用意される。応募方法などは追って発表。

なおVAMPSはアルバムに先駆けて10月8日にニューシングル「VAMPIRE’S LOVE」を発表。こちらの初回限定盤Aと通常盤のCDのカップリングには、「VAMPIRE’S LOVE」のピアノバージョンと、ケビン・ブレトンによるリミックスが収録される。

1. ZERO
2. LIPS