Image of オリジナルサウンドトラック

TVアニメ「さばげぶっ!」 - オリジナルサウンドトラック

Sabagebu! (TV Anime) Original Soundtrack

『なかよし』(講談社)にて連載中の松本ひで吉による人気漫画『さばげぶっ!』待望のアニメ化!
TVサイズのOP、EDを収録したサウンドトラックのリリースが決定!

収録曲
[Disc 1]
01. Barrel
作曲・編曲 : 三澤康広

02. YES!! (TV Size)
作詞 : こだまさおり / 作曲・編曲 : 高田暁 / 歌 : 大橋彩香

03. いつものサバゲ部
作曲・編曲 : 三澤康広

04. ゲスかわ☆ガールズ
作曲・編曲 : 三澤康広

05. この人たちは、いったい!?
作曲・編曲 : 三澤康広

06. I’ll be back! ~戻ってくるぜ!~
作曲・編曲 : 三澤康広

07. ちょっと良い話?
作曲・編曲 : 三澤康広

08. これが、園川モモカだっ!
作曲・編曲 : 三澤康広

09. さばげぶっ!のテーマ???
作曲・編曲 : 三澤康広

10. どうしよう…
作曲・編曲 : 三澤康広

11. Tiger & Horse
作曲・編曲 : 三澤康広

12. 涙と正論と
作曲・編曲 : 三澤康広

13. うわー、メンドくせ~
作曲・編曲 : 三澤康広

14. Survive!!!
作曲・編曲 : 三澤康広

15. たまにはこんな気分で
作曲・編曲 : 三澤康広

16. 恐怖!
作曲・編曲 : 三澤康広

17. イイ予感
作曲・編曲 : 三澤康広

18. 私は感動したぞ!
作曲・編曲 : 三澤康広

19. 地獄の特訓 ウーハー
作曲・編曲 : 三澤康広

20. 出会えて良かった
作曲・編曲 : 三澤康広

[Disc 2]
01. ねばー!
作曲・編曲 : 三澤康広

02. 疑心暗鬼
作曲・編曲 : 三澤康広

03. Ready to go
作曲・編曲 : 三澤康広

04. 部室にて
作曲・編曲 : 三澤康広

05. 蘇る美しき記憶
作曲・編曲 : 三澤康広

06. Dead of Terror
作曲・編曲 : 三澤康広

07. Dead of Terror 中ボス戦
作曲・編曲 : 三澤康広

08. Dead of Terror 勝利
作曲・編曲 : 三澤康広

09. 調子にのってる?
作曲・編曲 : 三澤康広

10. お前たちの事は忘れない~ワルキューレの騎行 さばげぶっ!Edition~
作曲・編曲 : 三澤康広

11. Girls of field
作曲・編曲 : 三澤康広

12. 呆れるほど仁義なき戦い
作曲・編曲 : 三澤康広

13. タカタタン!トン!トン!チャリラリ~~~♪
作曲・編曲 : 三澤康広

14. ご老人は、かく語りき
作曲・編曲 : 三澤康広

15. しゅりょうぶっ!
作曲・編曲 : 三澤康広

16. 死のカメラマン~ソロモンの赤い虎・白の堕天使・暁の撃墜王~
作曲・編曲 : 三澤康広

17. なんと可愛い顔なんだ…
作曲・編曲 : 三澤康広

18. destroyer
作曲・編曲 : 三澤康広

19. 平常運転中
作曲・編曲 : 三澤康広

20. Lacrimosa
作曲・編曲 : 三澤康広

21. 気付いた時には
作曲・編曲 : 三澤康広

22. ぴてぃぱてぃサバイバード (TV Size)
作詞 : 畑亜貴 / 作曲・編曲 : 木下智哉 / 歌 : ゲスかわ☆ガールズ(園川モモカ(CV.大橋彩香)、鳳美煌(CV.内山夕実)、春日野うらら(CV.大久保瑠美)、経堂麻耶(CV.Lynn)、豪徳寺かよ(CV.東山奈央))

23. ねばー!~ver2~ <ボーナストラック>
作曲・編曲 : 三澤康広
24. ねばー!~カラオケ~ <ボーナストラック>
作曲・編曲 : 三澤康広

Image of TVアニメ「天体のメソッド」OPテーマ「Stargazer」

Larval Stage Planning - TVアニメ「天体のメソッド」OPテーマ「Stargazer」

Larval Stage Planning – Stargazer (TV Anime Sora no Method OP Theme)

2014年10月より放送開始のTVアニメ『天体のメソッド』!

OP主題歌を担当するのは、北海道を拠点に活動する
音楽クリエイター集団“I’ve”のアーティスト“Larval Stage Planning”。
カップリング曲は、同アニメのイメージソングとして起用されており、
『天体のメソッド』דLarval Stage Planning”とのリンクが感じられる一枚となります。

ED主題歌を担当するのは、“fhána”。
「Animelo Summer Live 2014 -ONENESS-」と「ランティス祭り」に初出演後の
“fhána”がリリースする5枚目のシングル!

収録曲
01. Stargazer
作詞 : 桐島愛里 / 作曲・編曲 : 高瀬一矢

02. North method
作詞 : 桐島愛里 / 作曲・編曲 : 高瀬一矢

03. Stargazer (Off Vocal)
04. North method (Off Vocal)

Image of μ'sオリジナルソングCD5「もしもからきっと」

TVアニメ「ラブライブ!」2期 - μ'sオリジナルソングCD5「もしもからきっと」

Nozomi Toujou (CV.Aina Kusuda) – Moshimo Kara Kitto (TV Anime Love Live! S2 μ’s Original Song CD5)

東條希(CV.楠田亜衣奈) – TVアニメ「ラブライブ!」2期 μ’sオリジナルソングCD5「もしもからきっと

収録曲
01. もしもからきっと
02. もしもからきっと (Off Vocal)

Image of 凛麗

喜多村英梨 - 凛麗

Eri Kitamura – RINREI

喜多村英梨が10月29日にリリースされる8thシングル「凛麗(リンレイ)」に合わせた最新ビジュアルを発表した。

新作「凛麗」でキタエリがビジュアルテーマに掲げたのは“スチームパンク”。シングル購入時にプレゼントされる法人別オリジナル特典にも、スチームパンクを意識したさまざまなバリエーションの撮り下ろし写真が使用されるとのことなので、ファンは楽しみにしておこう。

また今週末9月28日に千葉・舞浜アンフィシアターにて開催されるワンマンライブ「喜多村英梨 Live 2014 ~GiVE×EViDENCE~」のオリジナルロゴと、イニシャルのEをかたどったアーティストロゴも完成。ライブの期待感をあおるクールなデザインに仕上がっている。

1. 凛麗
2. incomplete
3. 残響//輪廻
4. 凛麗 -off vocal ver.-
5. incomplete -off vocal ver.-
6. 残響//輪廻 -off vocal ver.-

Image of 竹達彩奈

竹達彩奈 - 竹達彩奈

Ayana Taketatsu – Kijirikake no Ringo

2012年よりソロ音楽活動を開始してから、竹達彩奈自身初のタイアップソングをリリース ! 表題曲「齧りかけの林檎」は、竹達彩奈も出演する2014年10月より放送開始のTVアニメ「デンキ街の本屋さん」のオープニングテーマ曲 ! 「齧りかけの林檎」は数々のヒット作品を世に出し続ける、稀代のヒットメーカー・筒美京平が作曲。 タッグを組む作詞は90年代からJ-POPのメインスト リームでヒットを連発し、アニメや特撮モノまで幅広く手掛ける藤林聖子が担当。 豪華参加ミュージシャン集結 ! ギター木暮晋也 (ヒックスヴィル)、ベース沖井礼二 (ex.Cymbals)、ピアノ小林俊太郎 (WaJaRo)、そしてドラムはなんとウルフルズのサンコンJr.が参加 ! 竹達彩奈がプロデュースしたオリジナルハンター「アヤチ」がダウンロードできるシリアルコード 封入!

収録曲
01. 齧りかけの林檎
作詞 : 藤林聖子 / 作曲 : 筒美京平 / 編曲 : 小林俊太郎

02. ふぁいっ!
作詞 : 加藤哉子 / 作曲&編曲 : 小林俊太郎

03. 齧りかけの林檎 (Instrumental)
04. ふぁいっ! (Instrumental)

Image of Bibliophina

高木正勝×中納良恵×中村達也×森本千絵 - Bibliophina

Masakatsu Takagi, Yoshie Nakano, Tatsuya Nakamura, Chie Morimoto – Bibliophina

昨年秋にオンワード樫山のファッションブランド「組曲」のCM音楽に使用された高木正勝、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、中村達也によるコラボ楽曲が、アルバムとなって7月23日に発売されることが決定した。

森本千絵監督のもと石原さとみが出演し、美しい映像と音楽のマッチングでも話題を集めた「組曲」のテレビCMシリーズ。今回作品化されるのは高木が作曲した楽曲を高木、中納、中村らがセッションし生まれた「組曲 2013 Autumn&Winter」編のCM曲で、タイトルは「Bibliophina」とされている。アルバムでは、個性派たちによる豊かな生楽器のアンサンブルが8トラックにわたり楽しめる。

なお今回のアルバムはアートワークを森本が担当し、高木正勝×中納良恵×中村達也×森本千絵名義でリリースされる。

1. Bibliophina – 1st Encounter (Drums & Piano)
2. Bibliophina – Preparation (Piano)
3. Bibliophina – 2nd Encounter (Drums, Piano & Vocal)
4. Bibliophina – 3rd Encounter (Drums, Piano, Vocal & Bass Clarinet)
5. Bibliophina – 4th Encounter (Drums & Soprano Sax)
6. Bibliophina – 5th Encounter (Drums & Vocal)
7. Bibliophina – 6th Encounter (Tenor Sax and Vocal)
8. Bibliophina – Kumikyoku 2013 AW

Image of Nostalgical Parade

Emerald - Nostalgical Parade

Emeraldがニューアルバム「Nostalgical Parade」を9月3日にリリースする。

Emeraldは元PaperBagLunchboxのナカノヨウスケ(Vo, G)らによって2011年に結成された5人組バンド。彼らにとって初のフルアルバムとなる本作はレコーディングエンジニアに山下大輔を、マスタリングエンジニアに葛西俊彦を迎えて制作された10曲が収録されている。

彼らは8月23日に兵庫・三田アスレチック野外ステージで開催される「ONE Music Camp 2014」に出演。28日には東京・TSUTAYA O-nestで開催される無料イベント「exPoP!!!!! volume76」でライブを行う。

1. -intro
2. Nostalgical Parade
3. Brush
4. Summer Youth
5. フラニーの像意
6. Cryin’ Climbing
7. -interlude
8. Tonight
9. ふれたい光
10. -Outro

Image of GNJ

小沼ようすけ - GNJ

Yosuke Onuma – GNJ

2001年、アルバム「nu jazz」にて鮮烈なデビューを果たしたギタリスト小沼ようすけ。その後6枚のアルバムをリリース、ジャズだけにとどまらないジャンルを超えて魅力を放つなギター・サウンドと、誰もが認める確かなテクニック、そして誰からも愛される人柄から日本 ジャズ・シーンにおいて不動の人気ギタリストの座を確立した。

そして小沼ようすけ4年ぶりのニュー・アルバム「GNJ」はT5Jazz Records移籍第一弾。

タイトル「GNJ」はGreen Note Jazz の略。ジャズの音を表すBlue Noteに、小沼ようすけがここ数年意識しているオーガニックでナチュラルな音を掛け合わせた造語「Green Note」。そして、小沼ようすけの原点であるジャズをこれまで以上に意識しつつ、デビュー・アルバムである「nu jazz」から発展し、今年40歳を迎える小沼ようすけが新たに原点回帰的なスタートを切ろうというタイトルが「GNJ」(Green Note Jazz)なのです。

これまで以上に、グルーヴィーで、メロディアスで、ジャズしている小沼ようすけサウンドをご体感ください。

1. Jungle
2. June 7th
3. Bamboo / Tonlé Sap
4. Impressions
5. Super Moon
6. What A Wonderful World
7. Sketch Of 60s
8. I Think It’s Going To Rain Today
9. Explorer

Image of ジルデコ6~Just a Hunch~

JiLL Decoy association - ジルデコ6~Just a Hunch~

JiLL-Decoy association – Jill – decoy 6 -Just A Hunch -

JiLL-Decoy associationのニューアルバム「ジルデコ6 ~Just a Hunch~」が10月22日にリリースされる。

本作はEGO-WRAPPIN’の森雅樹(G)がアレンジと演奏で参加した「光の子どもたち」やMonday満ちるとともに制作した「Freedom Express」をはじめ、パット・メセニー「So May It Secretly Begin」の日本語詞カバーなど全12曲を収録。またCDのみの通常盤に加え、東京・六本木ブルーシアターで行われたワンマンライブの模様を収めたDVD付属の初回限定盤も用意されている。

さらにレーベルの公式YouTubeチャンネルでは「Freedom Express」のビデオクリップのショートバージョンが公開中。まずはこの動画を観て、アルバムの雰囲気に触れてみよう。

なおJiLL-Decoy associationは本作の発売を記念し、ツアー「ジルデコ6 ~Just a Hunch~ ツアー」を開催する。このツアーは11月2日の岐阜・飛騨高山 日下部民芸館から2015年3月1日の東京・日本橋三井ホールまで全12公演が行われる。各会場の詳細は追って発表される。

1. Freedom Express
2. 6th HUNCH
3. INSTinct 1
4. drawing
5. 月光
6. 伝わっちゃう
7. INSTinct 2
8. ジオメトリックな恋人
9. so may it secretly begin
10. 波跡
11. 大目に見てね
12. 光の子どもたち

Image of LIV

AKANE LIV - LIV

LIV MOONのVo.AKANE LIV、いよいよソロプロジェクトでのフルアルバム第1弾をリリース!

■シンフォニックメタルバンドLIV MOONの中核として、そして女優として活動してきた、AKANE LIV。8月リリースシングルから連動して、「誰もが聞いたことのあるクラシック曲をモチーフにした曲作り」をテーマとしたアルバム。クラシックフレーズを取り入れつつ、新たなJ-POPの誕生。

■J-POPヒットプロデューサーJeff Miyahara、クラシカルクロスオーバーの名手KAZSIN、映画「万能鑑定士Q」の音楽等を手掛ける、新進気鋭クリエイター大間々昴、そしてヒーリングミュージック「image」シリーズや数々のドラマを手掛ける羽毛田丈史が、手掛けるアルバム。

■8/20(水)発売シングル&今作アルバムW購入応募者スペシャルキャンペーン応募券封入。

シングル&アルバムW購入応募者スペシャルキャンペーン【A賞】11月下旬に都内某所にて行われるAKANE LIVスペシャルイベントご招待 50名様【B賞】AKANE LIV直筆サイン入り特製クリアファイルプレゼント 50名様応募締切: 11/5(水)当日消印有効

シンフォニック・メタル・バンド、LIV MOONのヴォーカル、AKANE LIVのフル・アルバム第1弾。“誰もが聞いたことのあるクラシック曲をモチーフにした曲作り”をテーマにクラシック・フレーズを取り入れた、新たなJ-POPが誕生。ヒット・プロデューサーJeff Miyahara、クラシカル・クロスオーバーの名手KAZSIN、クリエイター大間々昴、羽毛田丈史が参加。

1. Sunrise Over Sea
2. NIGHT PARADE
3. Raindrop
4. HIKARI
5. BUTTERFLY
6. ~月の歌う夜~
7. Close Your Eyes
8. Interlude
9. Summer Shadow
10. Libertango
11. Nostalgia

Image of FOG ON THE LENS

トモ・ナカヤマ - FOG ON THE LENS

Tomo Nakayama – Fog On The Lens

日系アメリカ人シンガー・ソングライター、TOMO NAKAYAMA(トモ・ナカヤマ)の初ソロ作『FOG ON THE LENS』がリリースされることが決定した。

TOMO NAKAYAMAはシアトル在住の日系アメリカ人シンガー・ソングライター。2000年より地元の仲間と結成したAsahiのヴォーカルとして活動を開始、2004年に同郷のJen Woodのバックメンバーとして来日して弾き語りによるオープニング・アクトが絶賛を浴び、日本でデビューしている。2007年にはプロデューサー、ジェラミー・コーピングと結成したGrand Hallwayで『Yes Is The Answer』をリリース、同じくシアトルを拠点に活動する男女デュオ、Arthur & Yuと共に来日してトクマルシューゴをゲストに迎えてツアーを敢行。これまでに3枚のアルバムをリリースしており、2013年には映画『Touchy Feely』に出演、演奏シーンも披露し話題となった。

初のソロ作となる『FOG ON THE LENS』は、古いローマ建築様式のシアトル・タウン・ホールにて独りで録音。ミックスを手がけたThe ShinsのYuuki Matthewsの功績もあり、Tomoの奇跡のように美しい唄声が幻想的に、感動的に鳴り響く作品となっている。現在収録曲「OPEN ROOM」がサウンドクラウドで試聴できるのでまずはチェックしてみよう。アルバムは日本先行リリース。

1. FOG ON THE LENS
2. FALLEN CEDAR
3. GREEN WORLD
4. MAGNOLIAS (FOR PHILIP)
5. NIGHTINGALE
6. COLD CLEAR MOON
7. SHADOWS
8. DARKEST OF SEASONS
9. OPEN ROOM
10. OFF THE GRID
11. IF I NEEDED YOU (日本盤のみボーナストラック)
12. HORSES (日本盤のみボーナストラック)

Image of 笑ってくれよ

浜田一平 - 笑ってくれよ

Ippei Hamada – Warattekureyo

「MINAMI WHEEL」連続出演等、大阪を拠点に活躍中の浜田一平、約3年半ぶり待望の新作は、自身の心象風景を描いた前作「午前三時のグライダー」から一転、不特定多数のリスナーの幸せを願う初のフル・アルバム「笑ってくれよ」! レコーディング・メンバーにはスカポンタスから、うめちゃん(ドラム)も! レコーディングは、これまで、”あらかじめ決められた恋人たちへ”らを手掛けてきた凄腕エンジニア、田中大樹(極楽スタジオ)。

1. ぎょうざ
2. 奇跡の人
3. 大の大人
4. この世に落ちてきたもの
5. 猫のひげ
6. 春の雨
7. さよならリビング
8. 笑ってくれよ
9. ラジオの恋人
10. ベランダの月
11. ファンファーレを鳴らして

Image of monochrome

ヒラセドユウキ - monochrome

yuki hirasedo – monochrome

作曲家ヒラセドユウキ待望の1st アルバムが完成。削ぎ落とされ研ぎすまされた” 音” が奏でる静謐で美しい旋律の数々。M9,me( ピアノソロ) を除く全ての楽曲に徳澤青弦(cello/ex.anonymass) が参加。前作EP『見たかった景色』ではベースとドラムを加えたトリオ編成でポストロックや北欧ジャズを彷彿とさせるサウンドを聴かせたのに対し、今作『monochrome』では、ピアノとチェロのduo のみで繰り広げる世界を探求。

徳澤氏の確かなチェリストとしての技術はもとより、エフェクターを駆使した実験的な奏法も聴きどころの一つ。また、自身の音源としては初となる歌曲を2曲収録(M6,M8)。日本語オペラもしくは童謡のような不思議な魅力の歌曲を歌いこなしたのは若手ソプラノ歌手の廣橋英枝。彼女もまたクラシック演奏家としての確かな技術と頭の柔らかさを兼ね備えた素晴らしい歌い手である。録音はコンサートホールで行い、ホールの鳴りと楽器の鳴りを、エンジニア井口寛が最高の状態で収録。

ピアノの調律にも拘り、数多の現場で培った豊富な経験を持つ調律師名取孝浩によって、編成ごとにセッティングを変えて録音に挑んだ。そして、CD のカバーアートには気鋭のアーティスト文谷有佳里を起用。新作のクラシック音楽として、新しいミニマルミュージックの形として、若き作曲家が織りなす新しくもどこか懐かしい音楽がここに。

1. Monochrome, Pt. I
2. Behind the Scenes
3. ちちり
4. ぐるり
5. もぐる
6. 夏を想う
7. Monochrome, Pt. II
8. 名も無きワルツ
9. Me

Image of WE ARE HERE

高野寛と素晴らしきラリーの仲間たち - WE ARE HERE

Takano Hiroshi to Subarashiki Rallye no Nakamatachi – We Are Here

高野寛25周年イヤーの最後を飾るリリースは、ラリー・レーベルに所属するアーティストたちと高野氏との夢のコラボレーション・アルバムー。参加アーティストは、星野源や小山田圭吾らとのコラボレーションで知られるラリーの筆頭アーティスト宮内優里、昨年リリースした2ndアルバム『HUE CIRCLE』がロングセラーを記録し、ゴッチ(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のソロ・ツアーにもバンドメンバーの一員として参加する才女YeYe、今年3月にリリースした最新作が高野寛氏、片寄明人氏(GREAT3)、岡田拓郎氏(森は生きている)らから絶賛されたデュオCONCERT、Au Revoir SimoneやSally Seltmannらが参加したデビュー・アルバムが各方面から高い評価を獲得したコンポーザー、梅林太郎のソロ・プロジェクトmilk、ヴォーカル+ラップトップ+ユーフォニウムという独特な編成でのライブが好評を博す3人組 little moa、デビューから僅か半年足らずで堀江博久氏との2マン・ツアーやCurly Giraffeとの2マン・ライブを成功させ、ライフスタイル・マガジン「KINFOLK」ではモデルを務めるなど、各方面で話題沸騰中の才色兼備のSSW、sugar meの全6組。アートワークは、海外でもその作品が高く評価され、BEAMS、Gravis等へのアートワーク提供でも知られるイラストレーターの花井祐介氏が担当。

1. 高野寛×宮内優里 / FLAME
2. 高野寛×little moa / DAWN
3. 高野寛 × YeYe / TWIST
4. 高野寛 × CONCERT / CREAM
5. 高野寛 × sugar me / Little Fat Baby
6. 高野寛 × milk / Bedtime Story
7. 高野寛 × 宮内優里 / 春がいっぱい

Image of DAWN OF MY LIFETIME

大阪★春夏秋冬 - DAWN OF MY LIFETIME

Osaka Shunkashutou – DAWN OF MY LIFETIME

アイドルグループ「大阪★春夏秋冬」とsoezimaxのコラボレーション企画「銃撃­女子★SGS9R」。リアル女子高生である大阪★春夏秋冬メンバー7人の女子たちが銃­撃アクションに挑戦!さらに本格的な音楽活動の始点となるべく短編映画のテーマソング­を制作!これは製作過程を記録・配信していくドキュメント動画です!

日本発!「カ・タ・ヤ・ブ・リ」をテーマに活動する平均年齢15歳 の美少女7人組。 彼女達がお届けする、驚きの花まるステージは、一度観ると絶対に忘れない、そんな「カタヤブリ」を体感するユニットです。現在、関西を拠点に人気急上昇中!!

1. DAWN OF MY LIFETIME
2. もしも逢えたなら
3. DAWN OF MY LIFETIME(English Version)
4. Tears in the last moment

Image of Breath in Silence

no.9 orchestra - Breath in Silence

no.9 orchestra 1st album [ Breath in Silence ] 待望のリリース!結成から7年。no.9 orchestra初となる待望のフルアルバムがついに完成した。no.9のオリジナル楽曲に息吹を吹き込むメンバー6人の鮮やかな演奏は、ライブを重ねるたびに進化を遂げ、豊穣な音色で独自の音楽世界を構築する。2013年には代官山UNITで単独ライブを成功させ、その後も金沢21世紀美術館、恵比寿Liquid Roomや渋谷O-nest,青山 月見ル君思フなど様々な場所で圧巻のライブを披露してきた彼らは、信頼するサウンドエンジニア、阿尾茂猛のもと初めての高音質レコーディングを行い、ライブ会場さながらの圧倒的な迫力と情熱を本作に蘇らせた。no.9 orchestraの最高傑作がここに誕生する。

1. with million of love -fine-
2. Left the wind
3. after it
4. Good morning
5. inside outside
6. Re:bug beats
7. Source of harmonics

Image of LIVE with SOAPLANDERS 2013〜2014

前野健太 - LIVE with SOAPLANDERS 2013〜2014

Kenta Maeno – LIVE with Soaplanders 2013-2014

前野健太が10月22日にライブCD「LIVE with SOAPLANDERS 2013-2014」をリリース。本作の収録内容が明らかになった。

本作には初期曲「love」から最新アルバム収録の「こどもの日」まで11曲が収録されており、彼がソープランダーズとともに演奏した新旧の楽曲を楽しむことができる。そしてこの作品のデラックスエディションに付属するDVDには4月4日の東京・渋谷CLUB QUATTRO公演から16曲のパフォーマンス映像を収録。さらに特典映像として東京・東京キネマ倶楽部で行われたデビュー6周年記念ライブやアルバム「オレらは肉の歩く朝」リリースツアーファイナルの東京・LIQUIDROOM公演の様子も収められる。

1. love
2. 池袋で
3. 看護婦たちは
4. 興味があるの
5. SINJUKU AVENUE
6. 春の夜の夢のごとし
7. 東京の空
8. せなか
9. こどもの日
10. ファックミー
11. 18の夏

Image of 真夏の夜の夢

放課後プリンセス - 真夏の夜の夢

Houkago Princess – Manatsu no Yoru no Yume

正統派アイドル・グループ、放課後プリンセスのシングル。タイトル曲「真夏の夜の夢」はこれまでの可愛いイメージだけでない、新たな格好いい一面をフィーチャー。懐かしさと新しさを感じさせるメロディアスなダンス・ロック・ナンバーに仕上がっている。

1. 真夏の夜の夢
2. 超HAPPY BIRTHDAY
2. ガラパゴス アスパラガス バスガス爆発
3. 古事記しか! (2014 version)
3. 放送部プリーズ (2014 version)

Image of Cross Link

城奈菜美 - Cross Link

Nanami Shiro – Cross Link

名古屋を中心に活動中の”城奈菜美”がファン待望の3rd SINGLEを2パターンでリリース!タイトル曲『Cross Link』他、c/w曲がそれぞれ異なり、LIVEで盛り上がり必至の城奈菜美の魅力がいっぱい詰まった全4曲収録!【Amazon.co.jp限定特典付】”城奈菜美”SPカード・ランダム封入(全5種)※初回特典は数に限りがございます。

1. Cross Link
2. ワールドエンド・バタフライ
2. About A Girl

Image of PE'Z - 血騒-chisou-

PE'Z - PE'Z - 血騒-chisou-

次世代に届けたい・・・PE’Zが答えを出した。 ミニマル・ビートからダイナミックな Jazz Feeling! ! ! 2002年のメジャーデビュー以来、時代の変化を感じ取り、常に先取りして新しい事を仕掛けてきた侍ジャズバド”PE’Z”。それまでマイナーだとされていたインストルメンタルミュージックを日本の音楽シーンのメインストリームに押し上げたバンドの一つだ。そんな彼等が今夏、小学生向けの”ジャズクリニック”を2週間ほぼベタ付きで開催した。これは、純粋に彼等がモノづくりの最前線にいて、次世代の音楽家を目指す子供達に「音楽」を伝える場を作りたいという想いから実現したものだ。「ここ最近は、PCなどデジタル化されたシステム上で音楽制作が行われる事が増えているが、基本となるのは今も生演奏であることに変わりはなく、子供達には車の両輪の様にデジタルとアナログの両方の良さを知ってほしい」とメンバーは述べている。 NOT JAZZ BUT PE’Zと言い表されるように、ジャズを基調としつつも独自の解釈を貫き、ロックやラテンなど様々なジャンルの音楽を自由に取り入れて他に類を見ない音楽を届けてきたのだが、以前トランペッターの大山も自身のブログで「サウンド的に色々なアプローチに手を出しすぎて、散漫になっていた」「侍JAZZと評される中で、JAZZという音楽ジャンルに囚われていた部分があった」とここ数年間の活動を ふり返っている。そんなPE’Zの最新アルバム「血騒-chisou-」は、「根底となるPE’Zサウンド」”血を騒がすサウンド”に再び辿りつき、冒頭から最後まで無駄なサウンドが一切排除されている。リーダー/ドラムスの航も「曲毎の個性はとても強いが、それでいてアルバム全体の 印象は決して散漫にならず、上手く統一できた」と語っている。 アルバムタイトルトラックM1「Chi-Sou!」は”血を騒がすサウンド”を意識しており、サビになるとズコーッっと景色が一変するPE’Zならでは十八番。共にナチュラボーンキーボーディスト”ヒイズミマサユ機”が狂愛プレイとシャウトを炸裂させている。M2にはジャズのスタンダード・ ナンバー”Smoke Gets In Your Eyes”を美しいメロディラインは壊さず、スピード感溢れるPE’Z風に料理。笑う門には福来るをテーマにストレートに突っ走る ハードランニングチューンM3″ワラエフトレ~laugh and get fat~”や、印象的なサックスループから ブルージーに始まり、極上メロディのサビへと突入するM4″TRICK☆STAR” と 急激にシーンは移り変わり、いくつものモチーフが怒涛のごとく 詰め込まれている。 リードトラックM10「Viva! A So Bole !」はジャズクリニックのテーマソングとして作られたもの。アルバムラストを子供達の声と共にラストを締めくくる。また「根底となるPE’Zサウンド」のキッカケを掴んだと言われるLIVEでの人気ナンバーM6″THE LEGEND”も収録されている。 そして今作はCDとアナログ盤の2タイトルをリリースしており、それぞれボーナストラックが収録されている。CDは”StartLine “は名前のごとく、 風に舞う物語の始まりを感じさせてくれる。アナログの”De dede”はビンテージ感を聞かせたナイトナンバー、それぞれのメディアに合わさせた楽曲を入れアルバム一枚通して聞くとそれぞれの印象の違うことも感じるはずだ。 めまぐるしく変わる時代の中で、硬派に進み続けるPE’Zのライブバンドとしての底力がこの1枚にぎっしり詰まっている必聴盤。 ストリートライブからスタートし、日本のみならず欧州・アジアと活躍の場を広げ、現在に至るまで新たな目的を見つけて走り出したPE’Z。今後も乞うご期待! !

1. Chi-Sou!
2. Smoke Gets In Your Eyes
3. ワラエフトレ ~laugh and get fat~
4. TRICK★STAR
5. ABARENBO
6. THE LEGEND
7. PLAYERS HIGH!
8. さすらいSummer
9. Brushup
10. Viva! A So Bole!
11. StartLine

Image of Wonderful Wonder World *

Yun*chi - Wonderful Wonder World *

Yun*chiの新曲「Wonderful Wonder World*」のビデオクリップが彼女のYouTube公式チャンネルで公開された。

「Wonderful Wonder World*」は10月22日にリリースされる彼女のニューシングルで、Eテレのアニメ「ログ・ホライズン」の第2シリーズエンディングテーマ。ビデオクリップはYun*chiが夜の東京・秋葉原をさまよう様子をストップモーションで撮影したもので、彼女が浮遊しながら移動しているように見えるシーンがあったりと不思議な映像になっている。なお、このPVの監督は関和亮が手がけている。

1. Wonderful Wonder World*
2. Fairy*
3. Dancing*
4. Wonderful Wonder World* (instrumental)
5. Fairy*(instrumental)
6. Dancing*(instrumental)

Image of オリジナルサウンドトラック2

TVアニメ「魔法科高校の劣等生」 - オリジナルサウンドトラック2

Mahouka Koukou no Rettousei (TV Anime) Original Soundtrack 2

好評放送中の『魔法科高校の劣等生』サントラ第二弾が発売!!

収録曲
01. Flying
02. Girl’s talk
03. 眼鏡の恋
04. コミカル5
05. attack
06. Bus panic
07. battle4
08. battle6
09. battle5
10. Soul Fever
11. ほんわか1-3
12. Animoe2
13. Blanche
14. pinch
15. Lost
16. battle8
17. science
18. Tatsuya2
19. Final battle
20. Metaphore2
21. Vespertine Bloom
Vocal : Jennifer Skidmore

Image of 花物語 EDテーマ「花痕 -shirushi-」& 劇伴音楽集 其ノ貳&あとがたり

河野マリナ - 花物語 EDテーマ「花痕 -shirushi-」& 劇伴音楽集 其ノ貳&あとがたり

Marina Kawano – Hanamonogatari ED Theme -shirushi-

音楽 : 羽岡佳

収録曲
01. 花痕 -shirushi- (EDテーマ) – 歌 : 河野マリナ
02. 花痕 -shirushi- -Instrumental-
03. バスケットボール
04. 邪魔っけなあとがき
05. 悪魔の理不尽
06. 不幸の蒐集
07. ナンバーゼロイチ
08. 沼地の人生
09. タイミングのいい奴
10. 納得
11. 想定外
12. 卒業
13. 「私はあいつが一羨ましかったんだ」
14. あとがたり

Image of Sweet Georgia Brown

一泉ナオ子 - Sweet Georgia Brown

Naoko Ichiizumi – Sweet Georgia Brown

洗練された都会的センスと抜群の歌唱力で聴き手を魅了するジャズヴォーカリスト・一泉ナオ子のニューヨーク録音アルバム。今作は、現在ニューヨークの第一線で活躍するミュージシャンを起用することにより、ジャズボーカリストとしての独自の世界観をより一層確立させることに成功。ピアノトリオ+多彩なゲストと絶妙なコラボレーションが素晴らしい1枚。

1. Sweet Georgia Brown
2. Is You Is or Is You Ain’t My Baby
3. The Island
4. The End of a Love Affair
5. Never Let Me Go
6. He’s a Carioca
7. Love for Sale
8. You Must Believe in Spring
9. The Best Is yet to Come
10. Bonita
11. Frim Fram Sauce
12. I’m Just a Lucky so and So
13. When October Goes

Image of EPEP EP

BELLRING少女ハート - EPEP EP

BELLRING Shoujo Heart – EPEP EP

ベルハー最強のキラーチューン「the Edge of Goodbye」ぶりにタニヤマ氏が手がける、破壊力抜群の新曲「rainy dance」! ディレクターの田中がタニヤマ曲に対抗すべく、初めて編曲に挑みエンジニアを精神的に追いつめた名曲「男の子、女の子」を収録!

1. rainy dance
2. 男の子、女の子

Image of Entrance EP

Escalator or Elevator - Entrance EP

BELLRING少女ハートの朝倉みずほと、ゆるめるモ!のちーぼうによる新ユニット・Escalator or Elevatorが10月29日にデビューシングル「Entrance EP」をリリースする。

Escalator or Elevator、通称「エスエレ」は今年8月に初ライブを行い、話題を集めた新ユニット。彼女たちにとって初音源となる今作には「The People’s Choice」「恋と車とデモクラシー」の2曲とそれぞれのインストゥルメンタルが収録される。“楽曲派アイドル”の2組だけに、どのような楽曲に仕上がっているのか期待が高まるところだ。

なおエスエレは10月21日に発売されるサブカルチャー雑誌「TRASH-UP!! vol.20」の表紙を飾る。また10月30日には東京・WWWにて開催されるイベント「TRASH-UP!!まつり ~ハロウィンの夜~」に出演。BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!らと競演する。

1. The People’s Choice
2. 恋と車とデモクラシー

Image of 風になって

grram - 風になって

grram – Kaze ninatte

昨年よりライブでは披露している未発表曲「風になって」が、1年半越しに満を持して10月22日(水)に配信リリースが決定!!久川実津紀のソロプロジェクト初となる今作は、作曲、編曲に岡本仁志(ex.GARNET CROW) を迎えています。

プロフィール
久川実津紀(Vo, Lyrics)を中心に2011年にgrramを結成、丸山太佑(Gt)、 猪上涼太(Ba)、西山圭(Dr)の4人編成で2012年3月に1stミニアルバム「心の指すほうへ」でデビュー。彼女のひたむきさと儚さを併せ持つ歌声と、心の襞(ひだ)を時に赤裸々に時に真摯に綴る歌詞で注目された。2枚のアルバムをリリース後、京都MUSEでのワンマンライヴを最後にバンドとしての活動を終了し、2013年4月からは久川実津紀のソロプロジェクトとしてリスタート。

Image of 傘から見た景色

赤色のグリッター - 傘から見た景色

Akairo No Gritter – Kasa Kara Mita Keshiki

千葉・柏出身の18歳の男女メンバーからなる4人組バンド、赤色のグリッターがミニアルバム「傘から見た景色」を6月18日にリリースする。

赤色のグリッターは昨年「COUNTDOWN JAPAN 13/14」の出演者オーディション「RO69JACK 13/14」で優勝して同フェスに出演し、今年1月にはスペースシャワーネットワーク主催の新人発掘オーディション「Day Dream Believer」にてグランプリを獲得。3月には東京・赤坂BLITZで開催された「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2014」のツアーファイナルにオープニングアクトとして登場し、観客から大きな反響を集めた。

彼らにとって初の流通盤となる「傘から見た景色」はメンバーが高校生時代に作った作品を中心に収録。ハイトーンな歌声で、ありのままの感情を表現した5曲が収められる。

なおスペースシャワーミュージックのYouTube公式チャンネルでは「スペースシャワー列伝JPAN TOUR 2014」の東京・赤坂BLITZ公演に出演した際の「あの人」のライブ映像を公開中。この曲はミニアルバム「傘から見た景色」には未収録の新曲で、嫌いな相手へのフラストレーションが歌われている。

赤色のグリッターは「傘から見た景色」のレコ発イベントとして、7月5日に東京・下北沢Daisy Barにて都内では初となる企画ライブ「世界は赤色」を開催。そのほかの出演アーティストについては後日発表される。

1. 願い事
2. ハナミズキ
3. ルカ
4. あのね、きいて?
5. 昨日ノコト

Image of 死んだように生きるのはもうやめた

松本佳奈 - 死んだように生きるのはもうやめた

Kana Matsumoto – Shinda You Ni Ikiru No Ha Mou Yameta

千葉県木更津市出身の女性シンガー・ソングライターによる4枚目のアルバム。歌声とピアノが一体となって描くのは、自身の経験に基づくさまざまな物語。現実と向き合う日々の投影が、彼女にとっての音楽の第一義なのだろう。悲しみ、希望、理想。共感を覚える場面は予想以上に多い。

1. パラダイムシフト
2. あの陽だまりはまぶたの裏
3. 種を蒔く、何もない場所に
4. 手放したらもう、見知らぬ誰かのもの
5. やっぱり猫系男子が好き
6. 凛として、明日も強くいてやるんだ(featuring NakamuraEmi)
7. たまには振り返って、また前を向いて(Instrumental)
8. マザコン
9. あしあと

Image of 何処か長閑な

KUDANZ - 何処か長閑な

KUDANZ – Dokoka Nodoka na

東北を代表するシンガー・ソング・ライター KUDANZが、 ロック、フォーク、カントリー、オーケストラル・ポップで日本の四季を表現。自らの家族・仲間に捧げた、孤独な温かさと穏やかさが詰まったクラシックなミニアルバム。

東北の仲間と創った待望の衝撃作。2012年の「僕とターヘルアナトミア」以来約2年ぶりとなる KUDANZの新作「何処か長閑な」は、日本の四季を背景に、KUDANZ 佐々木玄が信頼し、愛する仲間への感謝の気持ちを綴った原点回帰となる作品だ。 春の訪れをアコースティックギターと打楽器の力強さをストリングスの純粋さに合わせて表現をした「蕾」。

夏に愛するパートナーをサーカスティックに温かく迎える様を、 90年代初めのサイケデリック・ポップ調で表現した「お盆」。「風の輪郭」では、 シンバル達の優しく悲しげな音色が、過ぎ去って行く短い夏を惜しみ、秋の訪れを告げる。アンビエント感のある意匠の中で、佐々木玄の透き通った声が心身の傷を静かに撫でるように して孤独な季節を後にする「back again」は、今作の代表曲となる。「太陽」では、 現代音楽と民族音楽を融合したメロディーに乗せて、雪に閉ざされた長い冬を強くたくましく生きる神聖な東北の人々を表現。世の中の孤独の片隅で生きる男がかき鳴らした唄の数々。

全ての曲が、それぞれ違う音の景色を見せながら、孤独な温かさと穏やかさを持った新しい季節の訪れを告げるアルバムだ。

1. 砂上のワルツ~overture~
2. 蕾
3. 砂粒の記憶
4. お盆~hommage to Y.Y.T~
5. 風の輪郭
6. back again
7. 太陽
8. 砂上のワルツ~curtain call~