Image of DAY BREAK

松岡直也オールスターズ - DAY BREAK

Naoya Matsuoka Allstars – Day Break

ジャズ・ピアニストで作曲家、アレンジャーの故・松岡直也氏を偲び、名盤と名高きアルバム『DAY BREAK』を追悼盤として復刻リリース。松岡直也 (p)を中心に、清水靖晃 (ts)、向井滋春 (tb)、村上秀一 (ds)等の日本を代表するプレイヤー達のホットでスリリングな演奏が堪能できる。

1. ザ・ダーク・ナイト
2. ホライズン
3. ミ・ソン・モントゥーノ
4. ロマンティック・ジャーニー
5. アマネセル(デイ・ブレイク)

Image of THE PIER

くるり - THE PIER

Quruli – THE PIER

くるりが9月17日にニューアルバム「THE PIER」をリリースする。

前作「坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)」から約2年ぶり、通算11枚目のフルアルバムとなる今作。アルバムにはシングル曲「Remember me」「最後のメリークリスマス」をはじめ、ライブですでに披露されている「Liberty & Gravity」や映画「まほろ駅前狂騒曲」の主題歌「There is (always light)」など14曲が収録される。さまざまな時代や文化を取り込んだ、くるり流の新たな多国籍サウンドが堪能できる1枚となりそうだ。

アルバムは初回限定盤と通常盤の2形態が用意される。初回限定盤は7inchサイズジャケット仕様で、300ページを超えるアルバム収録曲全曲の楽譜が付属するほか、「Liberty & Gravity」のハイレゾ音源がダウンロードできるシリアルコードがつく。

くるりは11月より今作を携え全国ツアー「くるりワンマンライブツアー2014『金の玉、ふたつ』」を実施。11月6日の東京・EX THEATER ROPPONGI公演を皮切りに、全国で7公演が行われる。またツアーの前には、昨年から継続中の全県ツアー「DISCOVERY-Q」の北海道編「HOQAIDO」と東北編「TOHO-Q」も決定した。

本日7月29日(火)23:00からオンエアされるNHK-FM「くるり電波」では「Liberty & Gravity」と「There is (always light)」を初オンエア。ファンはぜひこちらをチェックしよう。

1. 2034
2. 日本海
3. 浜辺にて
4. ロックンロール・ハネムーン
5. Liberty&Gravity
6. しゃぼんがぼんぼん
7. loveless
8. Remember me
9. 遥かなるリスボン
10. Brose&Butter
11. Amamoyo
12. 最後のメリークリスマス
13. メェメェ
14. There is (always light)

Image of 私のココロはそう言ってない

石川智晶 - 私のココロはそう言ってない

Chiaki Ishikawa – Watashi No Kokoro Ha Sou Ittenai

私のココロがそう言ってるか、そう言ってないか。2014年石川智晶、珠玉のアルバム第二弾! アニメ「戦国BASARA Judge End」 エンディングテーマ「北極星~ポラリス~」収録。

プロフィール
卓越したメロディセンス、孤高の作家性、圧倒的な歌唱力を誇る石川智晶。 「see-saw」としてデビュー。「機動戦士ガンダムSEED」のエンディングテーマ「あんなに一緒だったのに」をヒットさせる。 その後、石川智晶としてソロ活動を開始。アニメ「ぼくらの」のオープニング曲「アンインストール」のロングヒットで、あえて光を見せない詞の世界と多重コーラスアクションで独自の「石川智晶ワールド」を創りあげた。その後、「機動戦士ガンダムOO」エンディングテーマ「Prototype」、「戦国BASARA3」の「逆光」、「神様ドォルズ」の「不完全燃焼」等々ヒット作を生み出している。2013年から石川智晶LIVE「裏窓からみえるモノ」公演を勢力的に活動、好評を得ている。音楽制作ブランド「MATERIAL WORLD」を立ち上げ、アーティストに楽曲提供、プロデュースを手がける。また「舞台 戦国BASARA」の劇中歌など新境地も開く。2014年は3月にアルバム「前夜」を発売、今秋10月8日に新アルバム「私のココロはそう言ってない」を発売予定。今年は2枚アルバムを発売するといった独自の音楽活動を打ち出している。現在放送中、アニメ「戦国BASARRA Judge END」のエンディングテーマを担当。来年2015年には1月10日「裏窓からみえるモノ~北極星~」、翌日1月11日には「時代モノ艶歌~好機到来~」と2daysそれぞれの石川智晶の世界を楽しめる構成となっている。

1. 私のココロはそう言ってない
2. 北極星~ポラリス~
3. ティル・ナ・ローグ
4. 何を泣くなんの涙
5. GIFT

Image of Ambitious

etsuco - Ambitious

神の国“伊勢”のシンガーetsuco(エツコ)の待望の新作リリース! 2013年4月に初作品“わすれもの”をリリースしiTunes J-POP アルバムチャート最高6位を記録し 鮮烈なデビューを迎え、2013年には2ndアルバムをリリースし、人気を不動の物としたシンガー 待望の新作登場! ! 今回もタイアップ曲多数収録! ! ! ! で問い合わせ殺到間違いなし! !

プロフィール
1983 年12 月29 日生まれ、三重県出身。O 型。身長144cm の小柄な体格、その小さな体から発するパワフルな声量で多くのリスナーを虜にする。幼い頃、両親が聴いていた演歌を聴いて育ったというetsuco。演歌は、こぶしを利かせて、力強く、なおかつ感情を込めて歌う。その歌唱法が自然と身に付いたのだと感じさせる魅力ある歌声の持ち主だ。

その後中学に入りメロコア、スカコア、ハードコア、ミクスチャーなどを聴き漁る。そして、高校生の頃にHIPHOP に興味を持ち、ダンスを始める。地元三重でダンスチームを組みクラブのショーなどにも出演。ダンスにのめり込んでいた頃、映画「天使にラブソングを2」を観て歌に対する想いが溢れ出し、18 歳の時にシンガーの活動を始める。

その後ダンスも歌うことも辞め、社会人としての日々を過ごす。しかし、地元三重で開催されたHIPHOP イベントに行ったのが、きっかけに三重のシンガーのシーンを盛り上げたいという感情に駆られる。

そして、再び2007 年12 月23 日、三重のCLUB RHYTHM で開催された「BABY GIRL」というイベントでシンガーとして活動を再開。三重県を中心に精力的に活動し、多くのアーティストと共演を果たす。2011 年3月23 日デジタルシングル「やさしく手を握って~ 27 才のラブレター」で配信デビュー。配信日の3 月23 日に、着信★うた♪+歌詞デイリーランキングで初登場1 位を獲得する。

2011 年6月15 日セカンドデジタルシングル「Highway Driving Car」をリリース。2011 年7月6 日サードデジタルシングル「LAST LOVE SONG」と立て続けにリリース。他にも2011 年6 月22 日に発売されたJ-POP の名曲をエレクトロ/R&Bヴァージョンでカバーしたオムニバスアルバム『Sunshine! ~ J-POP COVER in ELECTRO/R&B~』への参加。Crystal Boy のセカンドミニアルバム『VERY SPECIAL』にも参加。

ライブに定評のあるetsuco が満を持して、自身初のアルバム『わすれもの』を2013 年4 月17 日に発売。いよいよシンガーetsuco の歌声が日本全国にドロップされる。

1. Clap
2. Missing U
3. ambitious
4. ハレルヤ
5. Smile and Try
6. Weekend

Image of エミ・マイヤーと永井聖一

エミ・マイヤーと永井聖一 - エミ・マイヤーと永井聖一

Emi Meyer & Nagai Seiichi – Emi Meyer & Nagai Seiichi

Emi Meyerと永井聖一(相対性理論)からなるユニット「エミ・マイヤーと永井聖一」が8月20日にセルフタイトルアルバムをリリース。今作の中から「恋のシグナル」のビデオクリップが本日8月6日に徳間ジャパンのYouTube公式チャンネルにて公開された。

このPVは全編にわたり真夏の渋谷で撮影されたもの。カラフルなフラッグガーランドや花などが飾り付けられたビルの屋上でEmiと永井が「恋のシグナル」を演奏する様子や、おやつを食べるシーンなどが映し出されるポップな映像に仕上がっている。

EmiはPVの世界観について「スミス監督の頭の中からはすごい世界が生まれることに感心しました。朝日から夜まで撮影した『恋のシグナル』は、どの時間帯でもこのシグナルは輝き続けて、あなたへ届くんだ、というメッセージだと私は捉えています」とコメント。監督を務めた映像作家・スミスへ賞賛の声を寄せている。

今作に収録される11曲のうち、「Surfin’ Girl」「A Happy New Year」の作詞曲は永井が担当。そのほかの楽曲についてはEmiと永井が共同で楽曲を制作している。なお「ダ・ダンス!」のみたむらぱんが作詞を手がけており、彼女はコーラスでも参加している。

Emi Meyer コメント
「恋のシグナル」のPVは映像として、そして私もアーティストとして、今まではなかった新しいテイストの作品だと思います。スミス監督の頭の中からはすごい世界が生まれることに感心しました。朝日から夜まで撮影した「恋のシグナル」は、どの時間帯でもこのシグナルは輝き続けて、あなたへ届くんだ、というメッセージだと私は捉えています。涼しい朝から汗だくの昼間を通して、キラキラ輝く屋上と渋谷のスカイラインまで、日本の夏を満喫できるPV撮影の経験になりました。アルバムの1本目のPVとして、明るい、元気良い期待感を感じていただけると嬉しいです。

永井聖一 コメント
おかげさまで、カラフルで素敵なMVが出来ました。
楽しんでいただければ幸いです。

1. 新しい季節
2. 恋のシグナル
3. Surfin’ Girl
4. 60000 Melodies
5. シアトル・グランデ
6. ダ・ダンス!
7. 明日はきっと
8. So Lucky
9. A Happy New Year
10. Coming Home
11. ラブ・オブ・マイ・ライフ

Image of About A Rock'n'Roll Band

the pillows - About A Rock'n'Roll Band

the pillowsが7月26日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで結成25周年対バンツアー「the pillows 25th Anniversary NEVER ENDING STORY “ROCK AND SYMPATHY TOUR”」最終公演を実施。髭とのツーマンライブを行った。

この日、一番手の髭のステージで須藤寿(Vo, G)は「25周年をみんなでお祝いしたいなと思って。今夜はよろしくお願いします!」とオーディエンスに挨拶する。彼らのライブは「黒にそめろ」からスタートし、中盤には須藤の「缶とかが僕に当たらないようがんばります」というMCとともにthe pillowsの「ストレンジ カメレオン」のカバーも披露。約45分のステージで全9曲が演奏された。

続いて登場したthe pillowsは序盤から力強いパフォーマンスを展開。「今日は“GLAY”の25周年のライブで……」と山中さわお(Vo, G)は髭のステージで須藤がバンド名を言い間違えたことを茶化しながらも「今回若手と(ツアーを)回ってきたけれど、髭ちゃんは別格だな」と彼らを賞賛した。この日のライブでは山中が歌詞を飛ばして演奏をやり直すも、骨太なサウンドでオーディエンスをねじ伏せるという一幕も。今回のツアーで初となるダブルアンコールも含む全15曲をやり終え、メンバーはステージを降りた。

the pillowsはバンド結成日にあたる9月16日にニコニコ生放送の特別番組に登場。詳細は後日オフィシャルサイトなどで明らかにされる。また翌17日に彼らは今回のライブでも披露したシングル「About A Rock’n’ Roll Band」およびライブDVD / Blu-ray「Do You Remember 2nd Movement?」をリリース。ニューアルバムも完成しているので、こちらの発表にも期待しよう。

1. About A Rock’n’ Roll Band
2. Pumpkin and atrocity
3. Snoozer

Image of ユニコーンパレード

Cupitron - Unicorn Parade - ユニコーンパレード

Cupitron – Unicorn Parade

Cupitronが初のCDシングル「ユニコーンパレード」を本日9月17日にリリースした。

今年6月に配信シングル「サマーカイジュウ」でデビューした、テクノやエレクトロの要素を持つ女性3人組アイドルユニット。サウンドプロデュースは、昨年解散した仙台のテクノポップアイドル・テクプリのプロデューサーとしても知られるトベタ・バジュンが手がけている。

今回のシングルは、80年代風のシンセサウンドで彩られたアッパーなポップチューン。カップリングは、DVD付き初回限定盤のみ「First Contact」、通常盤のみ「ピコピコクラブ」「火星ツアー」が収録される。なおKisspoint RecordsのYouTube公式チャンネルでは現在、東京・ロボットレストランで撮影された「ユニコーンパレード」のビデオクリップが公開されている。

1. ユニコーンパレード
2. First Contact
2. ピコピコクラブ
3. 火星ツアー

Image of Jumpin'! Dancin'!

Prizmmy☆ - Jumpin'! Dancin'!

Prizmmy – Jumpin’! Dancin’!

2014年7月から放送開始TVアニメ「プリパラ」のエンディングテーマを歌うのは
avex Dance Masterから誕生したガールズダンス&ヴォーカルユニットPrizmmy☆! !

大人顔負けのパワフルなダンスパフォーマンスと本格派EDMで、JSからオトナまで幅広いファンを虜にしてきたPrizmmy☆が、新メンバーを加えた初のシングルをリリース!

ガールズ・ダンス&ヴォーカル・ユニット、Prizmmy☆が新メンバー加入後初のシングルを発売。TVアニメ『プリパラ』第1クールのエンディング・テーマ「Jumpin’! Dancin’!」に加え、カップリングには、JSDA(日本ストリートダンス協会)のTVCMテーマ・ソングとなるダンス・ナンバー「ワンダ!!!!」を収録。

1. Jumpin’! Dancin’!
2. ワンダ!!!!

Image of 夕暮アフター

鳴海杏子 - 夕暮アフター

Kyoko Narumi – Yugure After

てーきゅうの高宮なすのでお馴染みの声優鳴海杏子のアーティストCD第2弾!本人出演のミュージッククリップDVD付。2014年7月3日よりTOKYO MX 毎週日曜日よる21時55分~放送のTVアニメ「てーきゅうベストセレクション」エンディングテーマ!

Image of オールタイム・ベスト

GONTITI - オールタイム・ベスト

Gontiti – All Time Best

ゴンチチが9、10月に大阪と東京でライブイベント「『GONTITI ダブル還暦フェスティバル』~one hundred twenty of Happiness~」を開催。このイベントに出演するゲストアーティスト第1弾が発表された。

今回出演が明らかになったのは9月20日の大阪・フェスティバルホール公演にいとうせいこう、高中正義、10月10日の東京・東京国際フォーラム ホールC公演にEGO-WRAPPIN’、高中正義、原田知世というメンバー。またこの発表にあわせて、イベント来場者にもれなく配布される「ゴンチチ創業36周年記念手ぬぐい」のデザインも公開されている。

なおゴンチチは9月17日にベストアルバム「オールタイム・ベスト」と、劇中歌を集めた「GONTITI SINGS KOREEDA -ゴンチチ 是枝フィルム作品集-」を2枚同時リリースする。ベスト盤には1983年7月発表のデビューアルバム「ANOTHERMOOD」から2011年8月リリースのアルバム「humble music」までの収録曲の中から厳選された楽曲と、初音源化となるボーナストラック2曲を収録。また「GONTITI SINGS KOREEDA」には、是枝裕和が監督した映画「誰も知らない」「歩いても 歩いても」に加え、ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」で使用されたゴンチチによる提供楽曲が収められる。

DISC 1(1983~96)
1. Nickel Dance
2. Twilight Walk
3. チョコレート粉砕工場
4. Coconut Basket
5. Sからの小包
6. 貧しい王家
7. アンダーソンの庭
8. Un-decorated Spring
9. 森をぬけて
10. 風の国
11. Green Mailbox
12. Tiny Lips – Christmas Version -
13. Buon Giorno
14. 無能の人
15. Nadie
16. LOVE
17. シマリス一家のくるみひろい
18. Waltz in Blue
19. 10 years after
20. My Favourite Things
21. 水曜日の回廊
22. 放課後の音楽室

DISC 2(1997~2014)
1. Road to Rhein
2. 見知らぬ人
3. 塩と太陽
4. 月の舟
5. 夕海月
6. June & August
7. Te Quiero Di Jieste
8. 誰も知らない – extra version -
9. Left Side of Happiness
10. 明日はきっと
11.楽しみな週末
12. 歩いても 歩いても
13. 行ってきます
14. 課外授業
15. あの夏の少女達
16. 小さな青い星
17. ゴーイング マイ ホーム
18. 明日はがんばれるかもしれない
<ボーナストラック>
19. えぇトコのテーマ
20. Floating Bell

Image of Same Time

Lop Abuse On Somebody - Same Time

≪Transform Records≫同じ時間を共有した人たちに送る、Lop Abuse On Somebodyの最高傑作、ついに完成。
悪口を垂れる、誰かに垂れる、轟音に乗せて。
2012年4月結成。関西で活動するポストロックバンド。
迫力と独特の世界観のあるライブで、オーディエンスだけでなく
ライブハウス関係者からも絶賛される。
毎年作品をリリースし、関西だけでなく日本各地で精力的にライブ活動を展開。
そして2014年6月11日、3枚目にして最高傑作となる「Same Time」をリリース。

1. My World
2. Far Away In The Disrance
3. Against me
4. Sanctify
5. a waking dream
6. Same Time

Image of Glide & Slide

Glider - Glide & Slide

日本のポップス&ロックのスピリットを継承した平均年齢21歳の若きロックバンド・Gliderのデビューアルバム。60~70年代の正統派ブリティッシュロックを踏襲し、日本語ロックに昇華させるそのセンスは、とてもハタチそこそこのバンドとは思えない。アルバムのテーマ&キーワードでもある”BLUE” “GLIDE” “SLIDE”は、80年代のフランシス・F・コッポラによって映画化された『アウトサイダー』『ランブルフィッシュ』『コットンクラブ』のYA3部作を想起させることから、”ヤングアダルトロック”とも呼ばれている。

東京都内を中心に活動するツイン・ヴォーカルと、ソングライティングを手掛ける栗田兄弟とリズム隊の椿田兄弟による4人組バンド、Glider。正統派ブリティッシュ・ロックを踏襲し、見事に日本語ロックへと昇華させる絶妙なセンスは、平均年齢21歳とは思えない技術だ。Gliderを結成して最初に制作したというTrack.7の「Glider」は7月にタワレコ限定でシングルとしてもリリースされている彼らの代表曲。鍵盤が優しく響き渡り、栗田ユウスケの力強いヴォーカルが印象的な楽曲で、まるでグライダーがゆっくりと離陸していくような開放的な高揚感を抱かせてくれる。若くて渋い、そしてみずみずしい青さを包括した彼らがこれからどのように成熟していくのか、期待したい。(齋藤 日穂)

ロックバンドGLIDERのファースト・アルバム。平均年齢21歳(2014年時)の若きメンバーが紡ぐ、古き良きブリティッシュ・ロックに影響を受けた秀逸なメロディー&サウンド、そしてハーモニーは、センチメンタルな歌詞と相まって、ヤングアダルトロックと呼ばれている。日本語ロックの王道を継承する彼らの記念すべき一作目。「Glider」「Sky Is Blue」他収録。

1. OVERTURE
2. SKY IS BLUE
3. GLIDER’S MONKEY JOB
4. BOOGIE TRAIN
5. MARIGOLDS
6. BELIEVE YOU
7. GLIDER

Image of Rama Lama Ding Dong

Oh!Sharels - Rama Lama Ding Dong

オシャレルズ二枚目のミニアルバムは前作にも増してポップな選曲が際立つ仕上がりになっています。 オリジナルアーティストのグラジオラスバージョンとダイアモンズバージョンをミックスしたかの様 なアレンジが施された Little Darlin 。

70年代の英国で人気を博し、一躍ネオドゥーワップのスタンダード曲として定着した Zing went the strings of my heart をオシャレルズマナー満載のコーラスアレ ンジでイメージを刷新させたりとメンバー三人がリードヴォーカルを取れるオシャレルズスタイル 完成の予感を感じさせる一枚、ガールズグループ オールディーズファンのみならず、グッドミュー ジックを愛する音楽人必携のアイテム、ワンランクアップしたオシャレルズをご堪能下さい。

ラッツ&スター ギタリスト、出雲亮一と 元ラッツ&スターの山崎廣明が結成した女性DooWopグループ。女性三人でDooWopを、という難問を多彩なコーラスワークと30年以上のキャリアを基にしたポップセ ンスでクリアせんとしている、日本で唯一の女性DooWopグループ。

1. Poison Ivy
2. Rama Lama Ding Dong
3. Little Darlin
4. Why Do Fools Fall in Love
5. Zing! Went the Strings of My Heart

Image of Gift

小田和奏 - Gift

Kazusou Oda – Gift

昨年7月に解散したNo Regret Lifeの小田和奏(Vo, G)が、ソロでは初の全国流通盤となるミニアルバム「Gift」を明日9月10日にリリースする。

小田はバンド解散直後からソロ活動を始動させ、同年11月に初のソロアルバム「旅人の奏でる体温」をライブ会場限定でリリース。以降も楽曲を作り続け、ライブ会場限定シングル3枚を発表した。

今回の作品には、すでに会場限定でリリースされている楽曲「キャラバンの行方とその光」「色彩のメロディー」を含む全7曲を収録。アコースティックギターと等身大の飾らない言葉で「手触りの音楽」を追求している。なお演奏には、ドラムの石川龍(ex. LUNKHEAD、ザ・チャレンジ)、ベースのおかもとえみ(ex. THE ラブ人間)、ギターの高橋レオ(TOY)が参加している。

今作のリリースに伴い、「Gift」への思いを凝縮した全12ページのZINE「未完成のギフト~行方とその光~」が制作された。このZINEにはインタビューや回想録を掲載。現時点ではMUSIC for LIFEのオンラインショップのみでの販売となり、物販での販売、およびZINE単体での販売は未定となっている。

なおアルバムの発売を記念して、小田は11月23日に大阪・Music Club JANUS、11月29日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEでワンマンライブを敢行。これに先駆けて10月21日に東京・WWWで荒川ケンタロウス、Shiggy Jr.、セプテンバーミーとともにライブイベント「Ruby Tuseday 2」に出演する。

1. 木洩れ陽
2. ミライノオト
3. 確かなもの
4. チョコレイト
5. キャラバンの行方とその光
6. 眠らない夜
7. 色彩のメロディー

Image of 音の世界

山崎千裕+ROUTE14band - 音の世界

Chihiro Yamazaki + ROUTE14band – Oto No Sekai

山崎千裕+ROUTE14bandの4枚目のオリジナルアルバム。山崎千裕が2014年2月のメジャーデビューを経て、バンド活動の原点に戻った作品。キャッチーで心に響くメロディライン、トランペットサウンドはもちろん、よりバンドサウンドに磨きを掛けた全9曲収録。3度のアメリカツアーを経て、現在のバンド感を凝縮した1枚。全9曲収録。

数々の音源製作・イベント製作を手がけてきたROUTE14band とインディーズ時代、ヴィレッジ ヴァンガードなどでCD2万枚を越えるセールスを叩き出し、ブラス界では全国的な知名度を誇る「東京ブラススタイル」のトランペット「anna」こと山崎千裕で結成した、新世代インストユニット。「歌えるインストゥルメンタル」をテーマにジャズ、フュージョン、クラシック、ロックなど多種多様なジャンルをミックスした印象に残るサウンドは唯一無二。

1. BLUE PRINT
2. ESCAPE
3. 音の世界
4. FAIRY TALE
5. HOME
6. MONSTER
7. 砂漠に咲く花
8. IF
9. JAPAN

Image of オリジナルサウンドトラック

TVアニメ「一週間フレンズ。」 - オリジナルサウンドトラック

Isshuukan Friends. (TV Anime) Original Soundtrack

音楽 : 戸田色音

TVアニメ『一週間フレンズ。』。その本編を彩った楽曲、全32曲を収めたオリジナルサウンドトラックCDが発売!! 戸田色音による、美しく、切なく、多彩な楽曲の数々を収録。さらに、昆夏美の歌う川嶋あい作詞・作曲によるオープニングテーマ「虹のかけら」と、本作でヒロイン藤宮香織を演じた雨宮天がスキマスイッチの名曲をカバーしたエンディングテーマ「奏(かなで)」それぞれのTVサイズバージョン、さらに、本編第8話「友達と海。」のクライマックスで使用され大きな反響を呼んだ「虹のかけら」ピアノインストバージョンも収録される豪華版。藤宮香織によるジャケットイラストは、教室での授業中に彼女に視線を送る主人公・長谷祐樹の視点から構図が印象的なイラストになっている。

収録曲
01. 友達の記憶 ver.b
02. もどかしい気持ち
03. 昼休みの屋上
04. お昼は二人で
05. 私の大切な友達
06. 藤宮さんとおしゃべり
07. 藤宮さんにドキドキ
08. 長谷くんと桐生くん
09. 楽しい放課後 ver.a
10. おっとり沙希ちゃん
11. 新しい友達
12. てとてと沙希
13. そんなに仲良くならないで!
14. やきもき長谷くん
15. 楽しい放課後 ver.b
16. 学校の帰り道
17. 朝の光の中で
18. 藤宮さんの日記
19. 消えない想い、いつまでも
20. 不安な日々
21. 過去の出来事
22. 忘却の彼方に
23. 月曜日
24. 記憶の消失
25. 偽りの記憶
26. 友達になりたい
27. 穏やかな時
28. 気持ち、あふれて
29. 友達の記憶 ver.a
30. 虹のかけら -Piano Ver.-
31. 虹のかけら -TV Size Ver.- – 歌 : 昆夏美
32. 奏 (かなで) -TV Size Ver.- – 歌 : 藤宮香織(CV.雨宮天)

Image of Everything's gonna be all lie

niha - Everything's gonna be all lie

1年半という歳月の間に紡ぎ合わせた童話のようなドリーミーな世界観で彩られた美麗エレクトロニカ。

透明な輝きを放つ旋律と美麗なストリングス、ドリーミーな電子音楽を掛け合わせた、哀愁を帯びたインストゥルメンタル・サウンドは、繊細でありながらも力強い、そして柔らかくも優しいnihaワールドが展開されている。ファンタジーのような美しくも淡い、そして壮大なポップ・サウンドで彩られた4thアルバム『Everything’s gonna be all lie』は「ネガティブな感情が”全て嘘”になりますように」というポジティブな想いが込められている。全15曲で構成、その内容は彩り鮮やかな15様の情景を垣間見ることができる。

Serph、No.9、haruka nakamura系ドラマチック・ビーツ、美麗メロディーのエレクトロニカ系屈指のファンタジー職人=niha! 好評を博した前作『The Design of New World』から1年半という歳月の間に紡ぎ合わせた童話のようなドリーミーな世界観で彩られた極上のポップ・サウンド集、完成! !

長年バンドのメンバーとしてギター、ベースを担当していた経歴を持つプロデューサー、niha。その後は、DTMでの楽曲制作も開始させ、現在はniha名義の他に、アメリカ・カリフォルニア在住の女性シンガー=SPUNXとのプロジェクト、更には別にバンドのメンバーとしての活動、といった3つのプロジェクトを並行して行っている。また、影響を受けたアーティストには、Bach、Aphex Twin、Radiohead、DAISHI DANCE、LUSRICA、anemone……と、ジャンルを超越した人物を挙げている辺りも極めて異色である。niha名義としては、2009年のデビュー作『mindscape』、そこから2年間の歳月をかけ、優しく紡ぎ合わせるように完成させたセカンド・アルバム『The sounds fade away at morning』では、「音は朝、消えていく」をキーワードに全13曲の進化を遂げたniha流儀のファンタジー・ポップ・サウンドを聴かせ、昨年(2013年)には「新しい世界のデザイン」をコンセプトに制作されたサード・アルバム『The Design of New World』で大きな反響を受けた。そこから1年半……「ネガティブな感情が”全て嘘”になりますように」という想いが込められた最新作『Everything’s gonnna be all lie』で、また新たなステージへ向けて始動した。

1. Stay Light
2. Break of Dawn
3. Still Alive
4. Dawn through leaves
5. Imitation Heart
6. Snow Tone
7. Hypnosis
8. Sunny Rain
9. Lily
10. Antares
11. Moment
12. Floating Matter
13. Envy
14. Rain Scented
15. Stay Night

Image of ROKKET RIDE

SHEENA & THE ROKKETS - ROKKET RIDE

SHEENA & THE ROKKETSが7月23日に18thアルバム「ROKKET RIDE」をリリースする。

このアルバムは2008年発表の前作「JAPANIK」以来およそ6年ぶりとなるオリジナルアルバム。今作は阿久悠による未発表の詞を用いたナンバー「ロックンロールの夜」のほか柴山俊之、山名昇、クリス・モスデルが詞を提供した楽曲を全12曲収録。楽曲は前作同様すべて一発録りでレコーディングされており、結成から35年を超えた彼らによるロックサウンドを今作でも臨場感いっぱいに堪能することができる。

本作は通常盤とDVD付き初回限定盤の2種展開となる。DVDにはレコーディングドキュメント映像のほか、今年5月2日に東京・下北沢CLUB QUEで行われた鮎川誠66歳バースデーライブの模様が収録される。

なお彼らは9月13日に東京・日比谷野外大音楽堂にてワンマンライブを実施。チケットはイベント特設サイトにて現在発売中。

1. ROKKET RIDE
2. Ride the Lightning
3. 太陽のバカンス
4. Baby Love
5. ROCK FOX
6. 電撃BOP
7. Madness City
8. I’m So Glad
9. 夢にしか出てこない街
10. 素敵な仲間
11. 風を味方に
12. ロックンロールの夜

Image of TOYS

栗林すみれトリオ - TOYS

Sumire Kuribayashi Trio – Toys

新レーベル「SOMETHIN’COOL」より、完成されたブルース・フィーリングと未知への実験センスを持ち合わせたピアニスト・栗林すみれがデビュー!先人への敬意と自身の幅広い音楽性の融合から紡ぎだされるオリジナル曲とインプロヴィゼーションは、新しいジャズの世界を切り開きながらも心地よく、多くの聴衆の心を掴む。その実力を裏付けるように、今年4月には、ハービー・ハンコックが提唱するインターナショナル・ジャズデイの提携イベント「JAZZ AUDITORIA(ジャズ・オーディトリア)」にてオープニング・アクトを飾る。さらにその翌月にはブルーノート東京出演を果たすなど、デビュー前の新人としては異例の大抜擢に注目が集まっている。

プロデュースには、ブルーノート・レコードを日本に広め、大西順子、ゴンサロ・ルバルカバ、松永貴志ら世界的ピアニストを輩出してきたジャズプロデューサー・行方均氏が参加。写真撮影に、数々のジャズ・ジャイアンツ達を記録してきた中平穂積氏があたるなど、歴史的演奏を目の当たりにしてきた人々からも絶大な応援を得ている期待の新星です。 ■メンバー:栗林すみれ(p) 加藤真一(b) 清水勇博(ds)

注目のピアニスト、栗林すみれのデビュー・アルバム仲間とのセッションを楽しんでいるようなジャケットの表情がいい。父親は箏奏者として有名な栗林秀明で、幼い頃からピアノは好きだったが、音楽高校に入るまで専門的なレッスンを受けたことはなかったという。尚美学園大学で伝統的なジャズの語法を徹底的に学び、在学中からライヴハウスで腕を磨き、この度アルバムデビューとなった。彼女がこの記念すべきトリオ・デビュー作のメンバーに選んだのは百戦錬磨のベースマン加藤真一とindigo jam unitを中心に活躍するドラマー清水勇博。タイトル通り鍵盤と戯れ、メンバーと楽器を通して以心伝心しながらジャズを楽しんでいる様子が伝わる。栗林のオリジナル5曲にU2の「終りなき旅」等、全9曲を収録。(The Walker’s 加瀬正之)

1. Forest And An Elf 森と妖精 (Sumire Kuribayashi)
2. I Still Haven’t Found What I’m Looking For 終わりなき旅 (U2)
3. Grand Line グランド・ライン (Sumire Kuribayashi)
4. Letter To Evan レター・トゥ・エヴァン (Bill Evans)
5. That Blue Bird ザット・ブルー・バード (Reiko Yamamoto)
6. Flying Toys フライング・トーイズ (Sumire Kuribayashi)
7. W.M.P. (Sumire Kuribayashi)
8. Somethin’ Warm サムシン・ウォーム (Sumire Kuribayashi)
9. Minor Meetingマイナー・ミーティング (Sonny Clark)

Image of リラクシング・ピアノ~ベスト ディズニー・コレクション

広橋真紀子 - リラクシング・ピアノ~ベスト ディズニー・コレクション

Makiko Hirohashi – Relaxing Piano BEST Disney Collection

“天国に一番近い島”と言われるニューカレドニア、ウベア島にある教会で収録したチャーチ・リバーブ(響き)と、ピアノの音色を合わせた「リラクシング・ピアノ」シリーズは、累計50万枚以上のセールスを記録している大人気シリーズです。昨年発売された初のベスト盤が大好評につき、第二弾“ディズニー・コレクション”が発売!

アルバムには、アニメ映画で全世界興行収入歴代1位となり、日本中の熱もいまだ冷めることのない『アナと雪の女王』より挿入歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を収録!その他、『美女と野獣』『リトル・マーメイド』『シンデレラ』『アラジン』『モンスターズ・インク』など名作を彩る楽曲から、ディズニーランドではお馴染み「小さな世界」と、誰もが耳にしたことのある楽曲を厳選収録しています。

聖なる響きとやすらぎのメロディーは、大人のリラックス・タイムにもぴったり。夢の世界にいるような、至福の時間を楽しんでいただけます。全20曲、2枚組のお得なディズニー・コレクションです!ニューカレドニア・ウベア島の教会で収録したチャーチ・リバーブ(響き)とピアノの音色を合わせた「リラクシング・ピアノ」シリーズのベスト盤第2弾“ディズニー・コレクション”。映画『アナと雪の女王』挿入歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」をはじめ、『美女と野獣』『リトル・マーメイド』『シンデレラ』『アラジン』『モンスターズ・インク』など、名作を彩る楽曲を厳選収録したCD2枚組。

DISC 1
1.「美女と野獣」~美女と野獣
2.「白雪姫」~いつか王子様が
3.「不思議の国のアリス」~不思議の国のアリス
4.「わんわん物語」~ララルー
5.「くまのプーさん」~くまのプーさん
6.「ピーター・パン」~右から2番目の星
7.「ポカホンタス」~カラー・オブ・ザ・ウィンド
8.「ムーラン」~リフレクション
9.「眠れる森の美女」~いつか夢で
10.「ライオン・キング」~愛を感じて

DISC 2
1.「アナと雪の女王」~レット・イット・ゴー~ありのままで~
2.「リトル・マーメイド」~パート・オブ・ユア・ワールド
3.「シンデレラ」~夢はひそかに
4.「トイ・ストーリー2」~ホエン・シー・ラブド・ミー
5.「ヘラクレス」~ゴー・ザ・ディスタンス
6.「モンスターズ・インク」~君がいないと
7.小さな世界
8.「塔の上のラプンツェル」~輝く未来
9.「アラジン」~ホール・ニュー・ワールド
10.「ピノキオ」~星に願いを

Image of 冬の太陽/The World Record

ストレイテナー - 冬の太陽/The World Record

Straightener – Fuyu no Taiyo / The World Record

ストレイテナーのニューアルバム「Behind The Scene」が10月22日にリリースされる。

セルフタイトルを冠した2011年8月発売の「STRAIGHTENER」以来、実に3年3カ月ぶりのオリジナルフルアルバムとなる本作。初回限定盤と通常盤の2仕様のリリースが決定しており、2015年にはアルバムを携えてのツアーも行われる。

またアルバムに先駆けて9月17日にリリースされるシングル「冬の太陽 / The World Record」の詳細およびジャケットアートワークが公開された。シングルのカップリングには新曲「The World Record」に加え、7月17日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで行われた「Super Magical Illusion Show」のライブ音源が、初回限定盤付属のDVDには同公演の映像が収められる。

1. 冬の太陽
2. The World Record
3. LIVE TRACKS from ‘Super Magical Illusion Show’(BIRTHDAY~Blue Sinks In Green~POSTMODERN~シンデレラソング)

Image of Da Dance! ENCORE

EMI MEYER - Da Dance! ENCORE

アルバム「エミ・マイヤーと永井聖一」収録の「ダ・ダンス!」の超アゲアゲEDMリミックス”Da Dance! ENCORE”が iTunes Storeでリリースされました!

Let’s give the summer one last dance!New album “Emi Meyer & Seiichi Nagai” から「ダ・ダンス!」の別ヴァージョン!実はエミがリリースを念願していたオリジナルEDMトラックなので、是非聴いてね!夏を踊って見送りましょう!

Image of Won't you Love me

GANJIN - Won't you Love me

GANJIN待望の3rdシングル!GANJINから送る「燃え上がる恋の歌」着々と近づいてく二人の微妙な距離…等身大の燃え上がる愛の形を情熱的に伝える夏の終わりに相応しい熱くそして切ない恋愛ソング。

【GANJIN _ Profile】 Vo. : Ken Vo. : KEN5 Key : Maro B : Monmon キーボードMaroが作るサウンドは伝統的なテクノポップの透明感と近代的な攻撃的かつアッパーなエレクトロサウンドをベースとしながら、日本人のDNAを刺激するJ-Popの歌謡的なメロディーと、洋楽のフックのあるメロディを混ぜ合わせた唯一無二のサウンドを展開し、機械的な要素の中に唯一入り込んでくるMonmonの生のベースは時に激しく、時に優しく、機械的なダンスミュージックに生のグルーブを注入し、生きたエレクトロを作りあげている。その上に乗せるメロディを、今にも枯れそうで壊れそうな繊細なKenの声と、甘く優しく、時に甘く、力強いKEN5の声。英語と日本語を巧みに交えた歌詞は余計な言葉で飾らずストレートかつ繊細な言葉で綴られ、聞く人の心に直球で響く。

1. Won’t you Love me
2. Tonight
3. Color of Life

Image of きゅるきゅる

大森靖子 - きゅるきゅる

Seiko Omori – Kyurukyuru

大森靖子が9月18日にメジャーデビューシングル「きゅるきゅる」をリリースする。

これは本日6月27日に東京・ロボットレストランで開催されたワンマンライブ「背徳ロボットライブ~3000枚CD買ってもふられた編~」にて発表されたもの。会場の飛行機型の装置にぶら下がって登場した大森は、ライブのオープニングナンバーとしてシングル表題曲を披露して会場に集まったオーディエンスたちを驚かせた。

「きゅるきゅる」は大森がエイベックスからリリースする最初のシングルで、カップリングには「私は面白い絶対面白いたぶん」「裏」の2曲が収録される。またこのシングルはCD盤とDVD同梱盤の2仕様展開となり、DVDには「きゅるきゅる」のビデオクリップおよび今年3月に行われた東京・LIQUIDROOM ebisu公演の映像が収録される予定。

なおリリース日の9月18日は大森の誕生日となる。彼女は今作の発表にあたって「私と一緒に大森靖子をみんなが面白がってくれればいいなと強く思います」とコメントしている。

1. きゅるきゅる
2. 私は面白い絶対面白いたぶん
3. 裏

Image of Tim Don!-Don! feat. DJ KEIN

RYO from ORANGE RANGE - Tim Don!-Don! feat. DJ KEIN

RYO from ORANGE RANGEが配信限定シングル「Tim Don!-Don! feat. DJ KEIN」を8月27日にリリースする。

RYO from ORANGE RANGEはその名の通り、ORANGE RANGEのRYO(Vo)のソロ名義。ソロ名義としては初となる「Tim Don!-Don! feat. DJ KEIN」は東京と沖縄を拠点に活動するトラックメーカDJ KEINとのコラボレーション作となる。三線や沖縄民謡風コーラスを大胆にフィーチャーした、レゲエナンバーに仕上がっている。配信元はiTunes Store、レコチョクなど。

なおRYOは初のソロ作発表にあわせて特設サイトを開設している。

1. Tim Don!-Don! feat. DJ KEIN
2. Tim Don!-Don! feat. DJ KEIN (Riddim Track)

Image of 僕らのかたち

戸田賢二 - 僕らのかたち

Kenji Toda – Bokura no Katachi

アルバム「僕らのかたち」1桜色 2プライド3小さなシアワセ4君5僕らのかたち様々な「シアワセ」をテーマにした至高の楽曲のみを収録。

プロフィール
鳥取県在住シンガーソングライター「戸田賢二」。 行政書士として働く一方で山陰を中心に定期的な音楽活動を展開中。 2009年にシングル「LOVER’S DREAM」を発売。 2010年から鳥取県のコミュニティFM「DARAZ FM」でラジオ番組 「戸田賢二のLOVER’S DREAM MUSIC」のパーソナリティをこなす。 毎月オンエアの当番組は様々なゲストを迎え夜のひと時をゆったり 音楽で過ごす人気レギュラー番組。

1. 桜色
2. プライド
3. 小さなシアワセ
4. 君
5. 僕らのかたち

Image of Madness

Crossfaith - Madness

Crossfaithが10月8日にソニー・ミュージックレーベルズからメジャー1stシングル「MADNESS」をリリース。本作の収録内容が明らかになった。

本作には「MADNESS」「Dance With The Enemy」「S.O.S」の計3曲が収録される。また初回限定盤にはイギリス「DOWNLOAD FESTIVAL 2014」で行われた彼らのライブの模様を収録したDVDが付く。この映像のディレクションは彼らのビデオクリップを数多く手がけるINNI VISIONで、ミキシングはSlipknotのライブDVD「(sic)nesses」を担当したマーティン“ジンジ”フォードが行っている。彼らが海外フェスのメインステージで披露した堂々たるパフォーマンスの様子をぜひ本作で体感しよう。

なお彼らは9月1日より国内ツアー「Across The Future 2014」を、10月29日より全7カ国の欧州ツアー「APOCALYZE NOW 2014 EU TOUR」を実施。2015年にはオーストラリアの4都市で開催される「SOUNDWAVE FESTIVAL 2015」に出演する。

Image of I LIKE DAT

color-code - I LIKE DAT

昨年実施された新人発掘オーディション「POP ICON PROJECT TOKYO」で選出されたガールズユニット・color-codeが、9月17日に1stシングル「I LIKE DAT」で日本コロムビアよりメジャーデビューすることが決定した。

「POP ICON PROJECT TOKYO」はレディー・ガガを手がけたファッションディレクターとして国際的に有名なニコラ・フォルミケッティを迎え、日本のポップカルチャーの魅力を世界に向けて発信するアーティストを発掘するプロジェクト。color-codeは安川摩吏紗、辻川奈々実、森安眞子からなる3人組ユニットで、ニコラのプロデュースのもと本格的な活動を行っていく。

デビューシングルとなる「I LIKE DAT」のタイトル曲は、ニコラとVERBAL(m-flo)の共同プロデュースによるフロアライクなダンスチューン。カップリングに収められる「Break My Heart」はtofubeatsがプロデュースを、「I LIKE DAT」のリミックスバージョンは世界的なトップDJ集団・The Heavy Hittersの正式メンバーであるDJ NUCKEYがリミックスを担当する。なお現在YouTubeでは本作のティザー映像が公開されている。

彼女たちは9月6日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われる「TOKYO GIRLS COLLECTION 2014 AUTUMN / WINTER」にオープニングアクトとして登場し、color-codeとして初のパフォーマンスを披露する。

color-codeコメント
今の環境に感謝を忘れず、応援して下さる世界中の方々の目をキラキラさせられるようなエンターテイナーとして活躍していきたいです!!(森安眞子)

歌やダンスはもちろん、様々な面で人々にパワーをあげられるユニットになりたいです!!(安川摩吏紗)

まずは日本を代表するガールズユニットを目指します!!(辻川奈々実)

ニコラ・フォルミケッティ コメント
今の時代にフィットしていて、ちょっとだけ先に行ってる、パンキッシュで個性的で、だけどポップな……今の時代にいないアーティストになって欲しい。LADY GAGAのように努力を惜しまず、TOPを目指してがんばって欲しいと思います。僕の「POP ICON PROJECT TOKYO」から生まれたcolor-codeは、“日本の新たなポップカルチャー”の魅力を世界に向けてアピールしていきます。

VERBAL(m-flo) コメント
ニコラとは長年お友達ですが、まさか初めてのお仕事がアーティストの共同プロデュースになるとは! 音楽とファッションは密接と言われますが、今後のニコラ率いるcolor-codeの動きが気になります!

1. I LIKE DAT
2. Break My Heart
3. タイトル未定
4. I LIKE DAT(リミックス)

Image of DON'T CRY, LINE ME

當山 みれい - DON'T CRY, LINE ME

Toyama Mirei – DON’T CRY, LINE ME

當山みれいが10月1日にニューシングル「Memories」をリリース。この作品の収録内容が明らかになった。

シングルにはライブで人気の表題曲と、新曲「DON’T CRY, LINE ME」「Just You」を収録。「DON’T CRY, LINE ME」は當山が先日LINEの「ON-AIR機能」で披露し話題を集めた曲で、ファンからの反響を受けて今作への収録が急きょ決定した。CDではそのほか「Memories」「DON’T CRY, LINE ME」「Just You」のリミックスバージョンや、荒井由実「あの日に帰りたい」と平井堅「瞳をとじて」のカバーも聴くことができる。

なお當山は昨日9月3日にLINEの「ON-AIR機能」でファンと交流。その中で「DON’T CRY, LINE ME」をフル歌唱し、ファンから「最高!」「心に響いた」「じーんときた」といった感想が寄せられた。

Image of テレビ朝日 木曜ドラマ「BORDER」オリジナルサウンドトラック

川井憲次 - テレビ朝日 木曜ドラマ「BORDER」オリジナルサウンドトラック

Kenji Kawai – BORDER (TV Drama) Original Soundtrack

2014年4月より大ヒット放送されたドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』のオリジナル・サウンドトラックが遂に発売。音楽は、ドラマ・アニメ・映画と幅広い劇伴を手がける川井憲次氏が担当。

【BORDER STORY】
主人公は、捜査中に頭に銃弾を受け、生死の境を彷徨った、警視庁捜査1課刑事・石川安吾。奇跡的に覚醒した彼は予想もしない特殊能力を手にすることとなる。
それは・・・≪死体と会話ができる≫能力。

≪被害者=死体≫の言葉を聞ける刑事の、普通ではない捜査が始まった。しかし、死体と話せるタイムリミットは、死体が荼毘に付されるまで。被害者の証言から犯人を聞きだせても、証拠がなければ、犯人をとらえることはできない。

石川は、望まずして命を落とした被害者と向き合ううちに、神の領域に足を踏み入れてでも、タイムリミットまでに事件を必ず解決することを決意する。
コミカルさと、「死」と向き合う厳かさが交錯し、ラストではほろりと泣ける、誰も見たことがないファンタジック・ヒューマン・スリラーが誕生する。

1. 予兆
2. 交感
3. 悪果
4. 疾駆
5. 発現
6. 災禍
7. 内偵
8. 刹那
9. 幸福
10. 侵入
11. 痕跡
12. 始動
13. 審判
14. 孤高
15. 追憶
16. 意志
17. 兇悪
18. 動機
19. 前進
20. 追跡
21. 霧中
22. 焦燥
23. 彷徨
24. 攻防
25. 浸食
26. 急転
27. 回帰
28. 越境